スポンサードリンク

【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ⑥】中国名菜処 悟空 銀座一丁目

投稿日:

https://danshiryoku.jp

昔に比べると、日本人は米を食べなくなったと言われる。
昨今は糖質制限のブームなどもあり、糖質制限において白米はまるで「悪」のように扱われる。

でも日本人ならやはり、米だろう。

 

今回ご紹介する五目チャーハンで、心ゆくまで米を堪能してほしい。
嫌と言うほど、堪能できると思う。

昔ながらの雰囲気漂う、中国名菜処 悟空

 

中国名菜処 悟空は国道316号線沿いにある。
銀座線京橋駅、JR有楽町駅など、様々な駅からほど近く、アクセスは抜群。

外観も内観も何とも味があり、魅力的である。

 

日替わりメニューも含めて豊富なランチメニュー

 

ランチメニューは日替わりも含め、豊富な種類がある。
しかもすべて1,000円以内。

表記は税込である。

 

ガッツリいきたければ五目チャーハン(750円+α)一択!

他のメニューでもガッツリはいけるが、最強は五目チャーハン。
なぜかというと、五目チャーハンは料金をプラスすることでかなりの量に増やせる。

 

具体的には下記の通り。

普通盛(500g) 
中盛(700g) +100円
大盛(900g) +200円
特盛(1.2kg) +300円

 

特盛にすると1,000円以下ではなくなるが、具体的な量の表記になんともパワーを感じる。
残してしまうと罰金がある旨の表記があるが、残してしまっても500円で持ち帰ることはできる。

 

五目チャーハン中盛(+100円)はこちら

そんなこんなで、私は五目チャーハンの中盛(850円)を頼んだ。

 

スマホと並べるとこんな感じ。

 

ちなみに五目チャーハンには、スープと副菜とザーサイが付いてくる。
地味にスープも副菜も美味しかった。

 

ザーサイは結構な量なので、チャーハンも飽きずに食べられるはず。

 

男子なら大盛以上に挑んでもいいかもしれない

五目チャーハンは古き良きチャーハンという印象で、たっぷりのグリンピースが個人的には嬉しかった。

そしてチャーシューもゴロゴロ入っていて、肉感にも満足ができる。

 

ただ個人的に大盛に挑戦しても良かったかなと思った。
中盛が物足りないわけではないが、もう少し食べられそうな感じがした。

なのでキミがそこそこ食べる人なら、大盛以上に挑んでも良いと思う。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

中国名菜処 悟空について、下記のことをまとめてきた。

 

昔ながらの雰囲気漂う、中国名菜処 悟空
日替わりメニューも含めて豊富なランチメニュー
ガッツリいきたければ五目チャーハン(750円+α)一択!
五目チャーハン中盛(+100円)はこちら
男子なら大盛以上に挑んでもいいかもしれない

 

大盛、特盛を頼めば、しばらくチャーハンを食べなくても良い気分になるほど満足できると思う。
キミも挑戦してみてほしい。

 

中国名菜処 悟空

 

銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ①】やきとり串八珍 銀座二丁目店

キミは銀座のランチと聞いてどんなイメージを持つだろうか? 「高そう」 「気取ってそう」 「女子が多そう」   まあ、どれも間違ってはいない。 ただ銀座であっても、高コスパでがっつりいただける ...

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ②】とり貫 銀座一丁目

銀座でもコスパ優秀なランチが食べられるということで、前回はやきとり串八珍 銀座二丁目店をご紹介した。   ここでいただけるランチはほとんどが1,000円以下だが、その中でご紹介したのはカツ丼 ...

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ③】升本 銀座一丁目

銀座のランチは高いというイメージを少しでも変えられるように。 今回も、1,000円以下でいただけるランチをご紹介したいと思う。 これまでにご紹介してきたのはどちらも丼もの(とり貫はプレートもあるが)だ ...

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ④】ふくてい 有楽町本店

高級なイメージが先行しがちな銀座のランチで、1,000円以下で食べられる高コスパのお店をご紹介しているこのシリーズ。 気づけば4回目となる。   今回は、日本人の国民食であるカレー。 それを ...

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ⑤】ジャポネ 銀座一丁目

キミはスパゲッティは好きだろうか。 パスタではない。スパゲッティである。 本格的なイタリアンはそれはそれで素晴らしいが、日本独自の洋食として進化したスパゲッティもまた、素晴らしい。   そん ...

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.