スポンサードリンク

【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ④】ふくてい 有楽町本店

投稿日:

高級なイメージが先行しがちな銀座のランチで、1,000円以下で食べられる高コスパのお店をご紹介しているこのシリーズ。

気づけば4回目となる。

 

今回は、日本人の国民食であるカレー。
それを銀座はもちろん、他の地域よりもリーズナブルに楽しめて、しかも男子に嬉しい肉をがっつり食らえるカレーをご紹介したい。

ガード下にひっそりたたずむ名店「ふくてい」

今回ご紹介するふくていがあるのはガード下。

 

一見お店ではなく、通路だけのようにも見える。
一応「あじたたき」ののぼりが目印になるかもしれない。

その店には申し訳ないが。
きっとあじたたきも美味しいはず。

 

しばらく歩いていくと「カレー専門店」の看板があり、基本的には一本道なので、入り口さえわかれば迷うことはない。

 

店舗の外観はこんな感じ。

 

単品カレーが400円という安さ

まず何と言っても、そもそものカレーが安い。
単品カレーは400円なので、ワンコインを切っている。

そのカレーに対してトッピングをしているというようなイメージである。
ちなみにメニューの料金例はこんな感じ。

 

単品カレー 400円
ステーキカレー 650円
ハンバーグカレー 650円
とんかつカレー 650円
ゆで玉子カレー 480円
ウインナーカレー 600円
ナスカレー 550円
チーズカレー 550円
ポークソテーカレー 1枚530円 2枚650円
コロッケカレー 1ケ480円 2ケ550円

 

通常とんかつカレーは650円だが、先ほどの画像にあるとおり、毎週火曜日は550円になる。
私もあまり気にしたことはなかったが、他の曜日には他の割引があるのかもしれない。

 

”名物”と謳うステーキカレー650円がイチオシ

しかし基本的に私のオーダーはステーキカレー650円。
ここに+150円でチーズをトッピングするのが、特にオススメである。

 

+150円しても800円なので、銀座の中で安いのはもちろんだが、他の地域のランチで考えても割高感はないだろう。

というかやっぱり、ステーキの主張がスゴい。

 

まごうことなき、ステーキである。
当たり前かもしれないが。

レア気味のステーキは柔らかく、カレーとの相性は言うまでもない。

 

そしてチーズに関しても、よくあるピザ用チーズ的なものではなく、とろけたものがかかっているのが個人的には非常に好ましい。

チーズ以外にもとんかつやウインナー、なすなどはトッピングできるので、物足りなさを感じることも無いだろう。

 

ただもちろん、トッピングが無くても美味しいのは間違いない。
よりお得感を感じたいなら、というか普通にステーキカレーだけでも十分すぎると思う。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
ふくてい有楽町本店についてご紹介してきた。

 

ガード下にひっそりたたずむ名店「ふくてい」
単品カレーが400円という安さ
”名物”と謳うステーキカレー650円がイチオシ

 

「カレーとステーキどっちにしようか」と迷う時はもちろん、そうでない時にも気軽に行ってみることをオススメする。

 

銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ①】やきとり串八珍 銀座二丁目店

キミは銀座のランチと聞いてどんなイメージを持つだろうか? 「高そう」 「気取ってそう」 「女子が多そう」   まあ、どれも間違ってはいない。 ただ銀座であっても、高コスパでがっつりいただける ...

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ②】とり貫 銀座一丁目

銀座でもコスパ優秀なランチが食べられるということで、前回はやきとり串八珍 銀座二丁目店をご紹介した。   ここでいただけるランチはほとんどが1,000円以下だが、その中でご紹介したのはカツ丼 ...

関連記事
【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ③】升本 銀座一丁目

銀座のランチは高いというイメージを少しでも変えられるように。 今回も、1,000円以下でいただけるランチをご紹介したいと思う。 これまでにご紹介してきたのはどちらも丼もの(とり貫はプレートもあるが)だ ...

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯
-,

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.