男子力.jp

男子力.jp~男を磨いて力を高めろ!~

スポンサードリンク

【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ①】やきとり串八珍 銀座二丁目店

更新日:

キミは銀座のランチと聞いてどんなイメージを持つだろうか?

「高そう」
「気取ってそう」
「女子が多そう」

 

まあ、どれも間違ってはいない。
ただ銀座であっても、高コスパでがっつりいただけるランチは確実に存在する。

今回は、「【銀座でも優秀コスパ!U1000円のオススメランチ①】やきとり串八珍 銀座二丁目店」と題し、私の見つけた銀座の候コスパランチについてまとめていこうと思う。

銀座のランチは1,000円超えがスタンダート

実際銀座のランチ平均金額は高いように思う。

 

ランチを提供している店は相当多いが、基本的に1,000円を超えるお店がほとんど。

 

私は今までに、都内の主要な街で言えば新宿や池袋、御茶ノ水や飯田橋などで勤務をしてきたが、その辺りと比較をしても高い気がする。

ただ銀座は夜に行っても基本的な単価が高く、ランチはそれを考えるとリーズナブルなのかもしれないが、それでもランチに1,000円オーバーは高いという印象を受ける。

 

しかし少し探せば、1,000円以下のランチを食べられるコスパの良い店はパラパラと存在する。

キミが知らなければ意外に思うかもしれないが、大手のチェーンで言えば吉野家やはなまるうどん、サイゼリヤなども銀座にはあるので、その辺りでランチをするならもちろん確実に安い。

 

ただその辺りは安いことがわかっているし、ランチだろうが夜だろうが基本的に値段は変わらないので、こちらの記事では除外しようと思う。

これから何回か、そんな高コスパのお店をご紹介していこうと思う。

 

チェーン店だけど侮れない!ランチは基本どのメニューも1,000円以下

まず最初にご紹介するのは、やきとり串八珍 銀座二丁目店

「いきなりチェーン店かよ」と思うかもしれないが、居酒屋だと少し意味合いは変わってくる。
ちなみに串八珍は東京を中心に展開されている居酒屋のチェーン店であり、銀座だけでも複数店舗存在する。

しかし居酒屋のランチは店舗によって実施していなかったり、店舗で微妙にメニューが違っていたりする。

 

なので、私がオススメするランチを食べられるのはこの銀座二丁目店だけと言っても過言ではないかもしれないし、過言かもしれない。

ともあれ「所詮はチェーン店」とは思わないでほしい。

 

オススメは”自慢のカツ丼”。そこそこカツ丼行脚をした筆者も納得の美味さとボリューム

私のオススメは、断然”自慢のカツ丼”。

 

画像では文字が切れてしまって申し訳ないが、”自慢のカツ丼”と書いてある。
私はカツ丼が本当に好きで、結構色々なお店で食べてきた。

2,000円近いカツ丼を食べたこともあるし、関東近郊の老舗、名店、有名店はある程度網羅している。

 

それでもここのカツ丼は、”自慢の”という名に恥じないと思う。
800円で、しかも税込というのがうれしい。

税抜きでもこれなら十分に安いんじゃないかと。

 

ただ串八珍のランチメニューは、基本的にすべて800円前後でしかもすべて税込である。
何とも良心的だ。

 

串八珍のカツ丼の実際の画像と味の感想

そして、実際のカツ丼はこちら。

 

カツ丼と合わせて、みそ汁とお新香が付いてくる。

写真でどこまで伝わるかわからないが、かなりのボリューム感である。

 

この肉厚な感じ、伝わるだろうか。

 

「ボリューム満点」というと、ご飯のボリュームでごまかしがちなお店も結構多いが、ここはカツでしっかり勝負している。

もしかすると「やきとりの店なのにカツ丼?」と思うかもしれないが、「やきとり串八珍」というお店の名前ではあるが「やきとん」も扱っている。

 

なのでカツもおそらくお店でしっかり揚げているし、実際美味しい。
煮込まれているが柔らかくなりすぎることはなく、味付けもどちらかと言えばあっさりめでしつこくない。

あとは地味に、各席ごとに置かれた麦茶がうれしい。

 

そしてカツ丼は人気メニューらしく、私が13時ちょっと過ぎに行ったらそれがラストカツ丼だった。
確実に食べるのなら、多少早めに行った方が良いかもしれない。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
銀座の高コスパランチとして、やきとり串八珍をご紹介した。

 

・銀座のランチは1,000円超えがスタンダート
・チェーン店だけど侮れない!ランチは基本どのメニューも1,000円以下
・オススメは”自慢のカツ丼”。そこそこカツ丼行脚をした筆者も納得の美味さとボリューム感
・串八珍のカツ丼の実際の画像

 

キミが銀座でランチをする機会があるなら、ぜひとも試してみてほしい。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.