スポンサードリンク

【インスタ映え?】セントル ザ・ベーカリーの食パンで極厚パングラタンを作ってみた

更新日:

キミはパンが好きだろうか?
チーズが好きだろうか?

私はどちらも、こよなく愛している。

 

そして今回は食パンの最高峰とも言えるセントル ザ・ベーカリーの食パンを使って、チーズを存分に堪能できる食パングラタンを作ってみたので、それについてまとめていこうと思う。

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)=行列の絶えないパンのお店

まずは、そもそも「セントル ザ・ベーカリー」というお店がどういうお店なのかについて。
セントル ザ・ベーカリーは、2013年6月21日に東京銀座にオープンしたパンのお店である。

お店は大きく2つに分かれており、食パンなどの販売をするスペースと、主にパンを使った料理を提供するレストランのスペースがある。

 

東京の銀座と言えば、言わずと知れた指折りの知名度がある街。
パンはもちろんイタリアンやフレンチ、和食や中華など、様々な老舗や有名店がひしめき合っている。

しかしそんな中にあってこのセントル ザ・ベーカリーは、いつも行列が絶えない。

 

私が行った日はたまたま行列が短かったが、それでも10分程度は待った。
普段は1時間くらい待つのが普通なので、並ぶ場合には覚悟が必要だと思う。

参考になるかはわからないが、私は土曜の午前中の11時ごろにお店に行った。

 

セントル ザ・ベーカリーで買える食パンは3種類

 

私がお邪魔したのはレストランではなく、食パンを購入できる販売スペース。
写真を撮ってなくて申し訳ないが、一応食パン以外にはバターなども販売していた。

そして購入できる食パンは3種類。

 

・角食パン
・プルマン
・イギリスパン

 

ちなみにすべて1本からの販売になり、切っている状態での販売は行っていない。
それぞれに少し特徴をまとめていこうと思う。

 

セントル ザ・ベーカリーの食パン1:角食パン 800円+税

セントル ザ・ベーカリーではこちらが一番スタンダードであり、一番人気らしい。
北海道産の国産小麦である「ゆめちから」を使った食パンで、しっとりもちもちとした食感。

なんと食パンなのに、焼かずにそのまま食べることをオススメしている。

 

そのくらい素材や味にも自信があるということなのだろう。

 

セントル ザ・ベーカリーの食パン2:プルマン 800円+税

こちらは1の角食パンと作り方などは同じだが、アメリカ・カナダ産の小麦を使っているというところが違う。
その分食感もさっくりもちもちとしており、焼いても良いし、焼かなくても美味しく食べられるようになっているそうだ。

 

セントル ザ・ベーカリーの食パン3:イギリスパン 700円+税

イギリスパンについては他の2つと製法が違う。
北米産小麦なので、おそらく小麦はプルマンと同じだと思うが、36時間の低温発酵をさせて作った山型の食パンになっている。

なので製法だけでなく形状も違い、しかもこちらが作られるのは1日1回のみであり、完売し次第終了となる。

 

そんなレア感に私は心くすぐられ、初めてなのにこちらのパンを購入した。
ちなみに食感はカリカリサクサクとしており、こちらはそのままではなくトーストをオススメしている。

 

そんなこんなで購入したイギリスパンの画像

ちなみに包装はいたってシンプルに紙袋のみ。

 

正直私はスーパーでしか食パンを買った経験がなく、パン屋で買うと基本的にこんな感じなんだろうか。
それはさておき、見た感想としてはやはり「デカい」

比較として卵を一緒に置いてみた。

 

イメージとしては、スーパーとかで売っている食パン×3くらいはあるような気がした。
せっかくキレイに分かれてたので、私は境目の部分で3等分し、それぞれをジップロックに入れて保管することに。

 

食パンのおいしさを真に味わうために

ちなみに買って帰って早々、とりあえずトーストにしてみようと思い、包丁で食パンを切ったらこうなった。

 

めちゃくちゃひしゃげている。
でも一般家庭にそうそうパンを切るためのナイフはないんじゃないだろうか。

それとも、ウチだけだろうか?

 

ただ、このためにナイフを買うような気にはなれず、だったらどうすれば余すことなくセントル ザ・ベーカリーの食パンを堪能できるだろうかと考えた結果、ダイナミックな極厚パングラタンが思い浮かんだというわけである。

でも今さらだがお店の説明を見てみると、「薄く切ってカリカリに焼くのがおすすめ」と書いていることに気づいた。

まあ、こんな楽しみ方もあるということで見てみてほしい。

 

食パングラタンには3等分した中の一つをまるごと使用

そんなわけで、食パングラタンには3等分した食パンの3分の1をまるごと使ってみた。

 

一応またもや卵と比較するとこんな感じ。

 

極厚である。
糖質が気になるところだが、この日は目を完全につぶった。

キミも作る時には目をつぶるといい。

 

極厚食パングラタンの材料

 

ちなみに使った材料は以下の通り。

 

・セントル ザ・ベーカリーのイギリスパン 3分の1
・カルボナーラソース 2食分の内の1食分
・ピザソース 適量
・ピザ用とろけるチーズ 適量
・スライスチーズ 1枚

・ベーコン 適量
・コショウ 適量
・マヨネーズ 適量
・バター 適量
・卵 1個

 

「適量」ばかりで本当に申し訳ない。
最初はクックパッドや、他のサイトなどの作り方を見ていたが、自分のニーズと適合しそうなものがなかったので、結局完全オリジナルになった。

まったく同じ味の再現は難しいかもしれないが、結構なんとなくでいけるとは思う。

 

極厚食パングラタンの作り方

作り方は大きく下記の通り。

 

1:食パンの中身をくりぬく
2:くりぬいた中にチーズや卵などの材料を入れていく
3:250度で余熱したオーブンで20分焼く
4:メインを食しつつ、くりぬいた中身をトースト
5:トーストしたパンと一緒に堪能する

 

後半は作り方ではないが、こんな工程だった。
それぞれにまとめていこうと思う。

 

極厚食パングラタンの作り方1:食パンの中身をくりぬく

まずは食パンの中身をくりぬく工程から。
後ほどトーストしたいので、ある程度キレイに切り抜くことをオススメする。

 

ただこれはパンの中身だけなので、そこまで切りにくいことはないと思う。
そしてそこまでキレイに切れてなくても、結局まるごと食べるので気にしなくても良い。

さらにくりぬいた中身はトーストに備えて2等分、または3等分しておこう。

 

極厚食パングラタンの作り方2:くりぬいた中にチーズや卵などの材料を入れていく

次にくりぬいた中身に材料を入れていく。
目分量とは言いながら、入れられる量には自ずと限りがあるので、そこまでおかしなことにはならないと思う。

少なくともはみ出し過ぎない程度に材料は入れよう。
最初はまずスライスチーズを入れておくと色々受け止めてくれる。

 

あとは思い思いに材料を投入していこう。
私はベーコンを使って層を作りながら投入し、卵は中間あたりに入れておいた。

 

後半はひたすらピザ用チーズで満たし、こんな感じで投入完了。

 

極厚食パングラタンの作り方3:250度に余熱したオーブンで20分焼く

そして私は250度に余熱しておいたオーブンで20分焼いた。
この辺りはキミの家にあるオーブンの性能にもよるし、好みもあるので一概には言いにくい。

30分くらい焼いているレシピもあった。

 

目安としてはパンの耳にもしっかり焦げ目がついているかどうかあたりかと。
一応私のパンの焼きあがりはこんな感じ。

 

キレイにこんがりと焼けている。
ただ、食べ進めて焼きが足りないと感じたら、また火にかければ良いと思う。

 

仕上げとしてコショウをたっぷりと振った。

 

ただコショウは食べ進めるごとに足していったほうが良い。

 

極厚食パングラタンの作り方4:メインを食しつつ、くりぬいた中身をトースト

ここでほぼ完成と言えなくもないが、どうせならくりぬいた中身も一緒に堪能すべきである。
そして私の購入したイギリスパンはトーストがオススメだというので、やっぱり焼かないと始まらない。

でもパンの耳はないので焼きにそこまでの時間はかからないし、まあ、めんどくさければトーストせずに食べても良いんじゃないだろうか。

 

極厚食パングラタンの作り方5:トーストしたパンと一緒に堪能する

トーストしたかどうかはわからないが、あとは食べていくだけ。
食べ方はなかなか難しいが、私はスプーンを使いながら、回りを少しずつ崩して食べ進めていった。

チーズやら卵やらピザソースやら、魅惑的にマッチしている。

 

きっとチーズ好き、パン好きにはたまらないんじゃないかと。
ここだけ見ると、少しカルボナーラのようにも見える。

まあ、本当にインスタ映えを狙うんなら半分に切ったりした方が良いかもしれないが、中の材料があふれ出して、キレイに食べられない未来が明らかだったので、私はそこまでしなかった。

 

キミがインスタ映えを狙うなら、挑戦しても良いと思う。
ともあれあたり前だがパンそのものが本当に美味しかった。

耳はサクサクしており、中身はふんわりもっちり。
正直テキトーな味付けになっていると思うが、それでも飽きることなく結局普通に完食した。

 

普通の食パンではなかなかそうもいかなかったかもしれない。
危険なことに、これは結構病みつきになりそうな予感がある。

次は角食で、、、

 

まとめ

いかがだっただろうか。
セントル ザ・ベーカリーというお店について、そして極厚パングラタンの作り方についてまとめてきた。

 

・セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)=行列の絶えないパンのお店
・セントル ザ・ベーカリーで買える食パンは3種類
・食パングラタンには3等分した中の一つをまるごと使用
・極厚食パングラタンの材料
・極厚食パングラタンの作り方
 1:食パンの中身をくりぬく
 2:くりぬいた中にチーズや卵などの材料を入れていく
 3:250度に余熱したオーブンで20分焼く
 4:メインを食しつつ、くりぬいた中身をトースト
 5:トーストしたパンと一緒に堪能する

 

私はそんなに大食いな方ではないが、それでも普通に食べきれた。
そしてチーズなどが基本メインになっていたが、野菜や他の材料を入れても面白いかもしれない。

キミにもぜひ一度試してみてほしい。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.