【あなどれない!】サントリーのオールフリー3種が休肝日を至高に!

  1. HOME >
  2. 健康 >

【あなどれない!】サントリーのオールフリー3種が休肝日を至高に!

キミは休肝日を作っているだろうか?
そもそも、そんなに毎日お酒を飲んでいないだろうか?

お酒が飲めなくても気分に浸れる素晴らしいドリンクと言えば、ノンアルコールビール。

 

飲みたいけど飲めない時などには最適である。
でもノンアルコールビールに対して、「ただの代用品でしょ?」「ビールの味とは程遠いんじゃないの?」「炭酸飲料?」などと、キミは思っていないだろうか?

 

今回は「【あなどれない!】サントリーのオールフリー3種が休肝日を至高に!」と題し、サントリーから発売されているオールフリー3種類についてや、それを飲んだ感想などをまとめていこうと思う。

飲める人も飲めない人も、10年前の4倍増になったノンアルコール市場

一昔前に比べると、ノンアルコールドリンクのバリエーションは本当に増えたように感じる。
以前はビールが主流だったが、ハイボールやカクテル、梅酒などのノンアルコールも種類が増えている。

しかも同じビールやカクテルだとしても、大手各社が販売しているので若干の違いがあり、我々にとっては色々な選択肢を楽しむことができる。

 

そして、増えているのは種類だけではなく売り上げもそうらしい。

サントリーの調査によると、2018年のノンアルコール飲料市場は、約2,209万ケース(対前年103%)に伸長したと推定。
2019年はそこからさらに、約2,265万ケース(対前年103%)が見込まれるそうだ。

その市場規模は、10年前と比較して4倍以上になるとのこと。

↓は参考記事

エキサイトニュース
 
ノンアルコールビール市場、10年前の4倍に 「消費増税で休肝日増」も追い風か【サ...
https://www.excite.co.jp/news/article/Markezine_31293/
サントリーホールディングスはノンアルコール飲料の飲用動向やニーズなどについての飲用動向調査の結果を公表した。●ノンアルコール飲料市場は10年間で4倍に2018年のノンアルコール飲料市場は、約2,209...

健康面への配慮や消費税増税、あとは単純にノンアルコール飲料が美味しくなったなどなど、理由は様々あるだろうが、今後も市場が拡大していく可能性は高そうである。

私自身も休肝日を意識している。
ただ、休肝日でもやっぱり、飲みたい。

 

サントリーのALL-FREE(オールフリー)3種類を飲み比べてみた

そんなこんなでサントリーから発売されている3種類のALL-FREEを飲み比べてみた。

飲み比べたのは下記の3つ。

 

・ALL-FREE
・ALL-FREE コラーゲンリッチ
・からだを想うALL-FREE

 

それぞれに感想をお伝えしていきたい。

 

「ALL-FREE」を飲んだ感想

まずはスタンダードなオールフリーから。
ノンアルどころか普通のビールであっても素晴らしいこちらの泡立ちは、サントリーの発明品神泡サーバーで注いでいるから。

関連記事
サントリーの”発明”新型ビアサーバーが居酒屋に行かなくなるレベルでスゴイ

サントリーが、やってくれた。 家呑みの楽しさを一段階上げてくれる新型ビアサーバーが、3月19日に登場する。 プレモルの神泡体験を自宅でもということらしいが、正直どんなビールでも、いや、発泡酒でも素晴ら ...

 

別に回しものでは無いが、このサーバーは本当に素晴らしいと思う。
詳しくは上の記事を読んでみてほしいが、ビール好きならマストバイアイテムではないだろうか。

少し話が脱線したが、肝心のオールフリーの味について。

 

普通のビールと比べると酸っぱいというか何というか、酸味が少し先に立つような気がする。
ただ、後口はさわやかだし、サーバーのおかげで泡がまろやかに包んでくれて飲みやすい。

ビールのようなのどごしも感じられ、ノンアルコールはもちろん、糖質やカロリーもゼロとは信じられない。

サントリー オールフリー

 

「ALL-FREE コラーゲンリッチ」を飲んだ感想

何だか女子力が高そうなデザインである。
そもそもコラーゲンというのが、女子っぽい気もする。

しかしこちらもアルコールはもちろん、カロリー、糖質、プリン体までゼロと言う素晴らしき健康への配慮。

 

なのに実際に飲んでみると、全然素っ気ないことはない。
それどころかスタンダードなオールフリーよりも香りが豊かで、華やかな味わいである。

スタンダードなオールフリーを始め、ほとんどのノンアルコールビールは、日本のビールのスタンダードと言えるピルスナーを参考にしているような感じがするが、こちらはヴァイツェンのようなフルーティーさを感じる。

 

ちなみにヴァイツェンというのは、伝統的なドイツビールの一種で、小麦麦芽を50%以上使っているものを指す。
一般的なビールよりもクラフトビールのようなイメージで、これはこれで美味しかった。

サントリー オールフリー コラーゲンリッチ

 

「からだを想うALL-FREE」を飲んだ感想

最後は、健康ここに極まれりというような商品。
ノンアルコール、糖質ゼロなどに飽き足らず、なんと内臓脂肪を減らす効果までプラスされている。

一番アピールしたいのに、なんだか写真がブレていて申し訳ない。

 

ただ、そのような機能性だけでなくしっかりと味にもこだわっており、原材料はビールと同じものを使っているそうだ。
実際私が飲んだ感想も、スタンダードなオールフリーとそん色ない美味しさだと思った。

強いて言えば、からだを想うオールフリーのほうが、スタンダードなオールフリーよりも少し苦いように感じた。

 

しかしビールであれば、苦味はそこまでマイナスの要素ではないはず。
それに若干そう感じるくらいだし、同じくらい美味しくて内臓脂肪を減らす効果が期待できるなら、私は迷うことなくからだを想うオールフリーを選ぶ。

【内臓脂肪を減らす】 からだを想う オールフリー

 

まとめ

いかがだっただろうか。
サントリーのオールフリー3種について、下記のことをまとめてきた。

 

・飲める人も飲めない人も、10年前の4倍増になったノンアルコール市場
・サントリーのALL-FREE(オールフリー)3種類を飲み比べてみた
 「ALL-FREE」を飲んだ感想
 「ALL-FREE コラーゲンリッチ」を飲んだ感想
 「からだを想うALL-FREE」を飲んだ感想

 

それぞれに特徴があり、それぞれに美味しい。
個人的に味で言えばコラーゲンリッチ、機能性や普段使いで言えばからだを想うオールフリーを推したい。

ただコラーゲンリッチについては、少し好みが分かれるかもしれない。

 

ぜひキミも飲み比べてみて、キミの一番を探ってみてほしい。

-健康,

Copyright© 男子力.jp , 2019 All Rights Reserved.