【魅惑のアイスビール】氷専用ビール「アイスドラフト生」がビール業界を変える?

https://danshiryoku.jp

キミは時間が経ったビールをどう思うだろうか?
私は、最悪のシロモノだと思う。

でも美味しい内に飲むためには時間をかけることができず、すぐにお腹もいっぱいになってしまうため、何となく2杯目以降は別のドリンクを頼んではいないだろうか?

 

そんな状況を変える新しい商品がサントリーから発売された。
それはサントリーの氷専用ビール「アイス・ドラフト<生>」。

氷専用の名の通り、氷を入れて飲むビールである。

 

今回は「【魅惑のアイスビール】氷専用ビール「アイスドラフト生」がビール業界を変える?」と題し、サントリーのアイスドラフトについてまとめていこうと思う。

アルコール離れだけじゃない。ビール離れも進む昨今

ハイボールやサワーに取って代わられそうなビール市場

若者があまりアルコールを飲まないと言われ始めて久しい。
実際ノンアルコールの飲み会があったり、飲み屋ではなくカフェでお茶をしたり、スイーツを楽しむような男子も増えているという話を聞く。

それが悪いことだとは言わないが、単純に視野とか世界の面で、お酒も楽しめればより人生は豊かになるかもしれないと個人的には思っている。

 

ただ世間で進んでいるのはアルコール離れだけでなく、ビール離れもまた然り。
2018年と2019年の比較だけでもビールは段々と市場が縮小しており、ハイボールやサワーなどに押され始めている。

ビール好きとしては寂しく思うが、自分自身ハイボールやサワーもたしなむので何とも言いにくい。

 

ビール離れを加速させている2つの大きな要因

ただ、物事にはやはり理由がある。
サントリーが調べたところ、ビール離れにつながっていると思われる大きな要因が2つあった。

 

ビール離れを加速させている要因1:杯を追うごとに飲むのに時間がかかる

まずは1杯、2杯と飲み進める内に、だんだんとペースが落ちていくこと。

1杯目は10分以内で飲む人がほとんどだが、2杯目以降は20分、30分と飲むまでに時間がかかる。
のどの渇きもそうだし、ビールは炭酸もあって結構お腹にたまるので、料理を食べながら飲んだりすると一度に飲む量も次第に減っていく。

これは私自身、心当たりがある。

 

ビール離れを加速させている要因2:冷たさがキープされない

2つ目も「あるある」と思ってしまった。

とあるアンケート調査で2杯目にビールを頼まない理由の1位は「冷たさがキープされないこと」。

どんなにグラスを冷やしても、ビール自体が冷たくても、時間が経てばぬるくなるし、泡も消える。
他のドリンクももちろんぬるくはなるが、氷が入っている分その速度は遅い。

ぬるくなったビールほど悲惨なものはない。

 

それで慌てて飲むと酔いが回るのが早いし、すぐに満腹になってしまう。
そしてそういう経験をした後なら、なかなかたくさんビールを頼もうという気にはなれないかもしれない。

 

サントリーの氷専用ビール「アイス・ドラフト<生>」とは?

そんな状況を打破すべく開発されたのが、サントリーの氷専用ビール「アイス・ドラフト<生>」。

・飲むのに時間がかかってしまう
・冷たさがキープできない

それなら氷を入れてしまおうという、何ともシンプルな発想である。

 

正直このビールが革新的だとは思っていない。
そういう飲み方をする人はいただろうし、おそらく別メーカーだと思うが、以前に缶ビールでそんな商品があったような記憶はある。

しかし今回は改めて「氷を入れて飲むビール」に最適化されていること、そしてサントリーにとっては初めての試みだということに意味があると思う。

 

特徴としてはポップに書かれているとおり。

1、希少なレモンホップを使っていること
2、アルコール度数が7%であること
3、天然水で醸造していること

 

一般的なビールのアルコール度数は5%程度なので、設定は高めと言える。
そして、炭酸も強めにしているらしい。

氷が溶けることにより、アルコール度数は4%程度に落ち着くそうだ。

 

作り出したのは自身もビール女子である、若手醸造家

そんなビールを作り出したのは、自身もビールが大好きだという若手醸造家の新村安奈(しんむらあんな)さん。

左が新村さん。右はサントリービールのプレミアム戦略部の福本匡志(ふくもとただし)課長。
メディアの関係者がたくさん集まっていたが、誰かが「チッチとサリーみたいだ」と言っていたのを聞いて、おっさんが集まってるんだな、と思った。

そして、それがわかる自分もおっさんだな、と。余談である。

 

それはさておき、新村さん自身はビールが好きなので2杯目でも3杯目でもビールを頼むし、杯数を重ねても15分程度で飲み切るそうだが、回りはそうではなかったらしい。

というか、私も3杯目はもっと時間がかかると思う・・・

 

でも、ビール好きとしてはより多くの人にたくさんのビールを飲んでもらいたい。
そんな想いを形にしたのがアイスドラフトというわけである。

実際女性への配慮も十分にされており、ジョッキも通常よりも軽くなっているそうだ。

 

夏にピッタリ!でも、夏限定で終わらせない

氷を入れるので通常のビール以上に清涼感があるし、冷たいままで美味しく飲める。
夏などに向けての限定商品なのかと思いきや、こちらは通年商品だそうだ。

そのため、季節に関係なく飲むことができる。

 

実際全国の料飲店向けに、2019年3月19日からすでに販売はスタートしている。

私は東京田町にある、大衆パラダイス芝浦ホルモンでいただいた。

記憶が確かなら、1杯390円だったはず。

 

筆者が実際にアイスドラフトを飲んでみた感想

そんなこんなで実際に飲んでみた。
まずは香りの豊かさと甘味にビックリ。

レモンドロップホップの実力を実感できたように思う。
そしてビールとしてしっかり美味しい。

 

お店によるのかもしれないが、芝浦ホルモンでは氷もロックアイスだったので、飲むときに氷が邪魔になることなく飲み進められた。

実際、氷の適量についてはお店に指導はしているらしい

 

ともあれ時間が経っても冷たさが失われることはなく、泡が無くなってもビールとしての美味しさを楽しめる新感覚のビールだった。

 

アイスドラフトについての口コミや評判など

アイスドラフトに対する口コミなどはこちら。

まとめ

いかがだっただろうか。

サントリーのアイスドラフトについて、下記のことをまとめてきた。

 

・アルコール離れだけじゃない。ビール離れも進む昨今
 ハイボールやサワーに取って代わられそうなビール市場
 ビール離れを加速させている2つの大きな要因
  1:杯を追うごとに飲むのに時間がかかる
  2:冷たさがキープされない
・サントリーの氷専用ビール「アイス・ドラフト<生>」とは?
・作り出したのは自身もビール女子である、若手醸造家
・夏にピッタリ!でも、夏限定で終わらせない
・筆者が実際にアイスドラフトを飲んでみた感想
・アイスドラフトについての口コミや評判など

 

アイスドラフトが飲めるお店はサントリーのグルメガイドで探すことができる。

まずは一度、試してみてほしい。

-ライフスタイル, 男子飯,

Copyright© 男子力.jp , 2019 All Rights Reserved.