スポンサードリンク

【すべての吞兵衛に捧ぐ!】DSR的オススメ酒呑みグルメマンガ10選

更新日:

https://danshiryoku.jp

自分が酒好きのせいもあるのか、最近は酒がテーマのマンガを手に取る機会が増えてきた。

そういうマンガはお酒の知識を深めてくれたり、自分が知らなかった世界を見せてくれたり、見ているだけで幸せな気分にさせてくれるものもある。

 

今回は「【すべての吞兵衛に捧ぐ!】DSR的オススメ酒呑みグルメマンガ10選」と題し、個人的にオススメしたい吞兵衛向けのマンガについてまとめていこうと思う。

DSR的オススメ酒グルメマンガ1:ワカコ酒/新旧千映

 

ワカコ酒については、こちらの記事でもまとめている。

関連記事
一度は読まなきゃ人生損してる!DSR的オススメマンガ10選

キミは今までに、どんなマンガを読んできただろうか? 少年マンガ、青年マンガ、少女マンガ、などなどあると思う。 一昔前は、「オトナがマンガなんて。。。」という風潮があったが、この頃はだいぶ変わってきた。 ...

 

25歳で吞兵衛のOLワカコが、様々なお店で酒やつまみを堪能するマンガ。
これを見ながらの呑みがたまらない。

そして、描かれているおつまみが無性に食べたくなる。

 

ドラマ化もされているが、個人的にはアニメ版が好きだということも以前お伝えした。

ワカコ酒

 

合わせて好きなのは、作者のコミックエッセイ。

新久千映の一人さまよい酒 (コミックエッセイ)

 

これ以外にも何冊か発売されており、ワカコよりも吞兵衛な作者のお店選びのポイントや、家飲みの秘訣などなど、赤裸々に語っている。
参考にするも良し、「マネできない」と思うも良し。

読んでて楽しくなれることは間違いない。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ2:パパと親父のウチ呑み/豊田悠

 

こちらは、元々「パパと親父のウチご飯」というマンガのスピンオフ作品。

パパと親父のウチご飯 1巻 (バンチコミックス)

 

本編は、互いに子持ちのシングルファーザーである晴海と千石がルームシェアをすることになり、親子でも、父親同士でもぶつかったり悩んだりしながらも、成長していく物語である。

食をメインテーマにしながらも、親子や家族、職場の人間関係などなど、癒されたり、色々考えさせられたりする。

 

パパと親父のウチ呑みは、その中でもウチ呑みにテーマを絞っている。

本編ではそんなにガッツリ飲む場面は多くないが、晴海と千石は本来酒好きであり、子どもの世話や仕事に追われながらも、美味しいおつまみを自分で作って、ウチ呑みを楽しむ様子が描かれている。

 

同じ作者が同時連載でスピンオフを描くというのは珍しい気がするが、そのせいもあるのか刊行のペースが遅めなのは残念なところ。
2018年時点で2巻まで出ているが、もっと読みたい。

 

余談だがこのマンガを読んで、「ザル」を超える酒豪を「ワク」と呼ぶことを知った。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ3:のみじょし/迂闊

 

タイトルそのまま、のみじょし(呑み女子)のお話し。
道子、ゆき、美園、という29歳女子がひたすらに呑んで食べる。

絵は多少好みが分かれるかもしれないが、呑み心はめちゃくちゃくすぐられる。

 

何とも美味そうに食べるし呑むので、飯テロ酒テロになることは間違いない。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ4:漫画版 野武士のグルメ/久住昌之×土山しげる

 

主人公は定年を迎え、悠々自適な生活を送る香住武。
気持ちの赴くままにお酒を飲んだり、寄り道したり、買い食いしたり、のんびりと話は進む。

孤独のグルメの原作者らしく、1人語り、ダジャレなどは健在。

 

こんな定年を迎えられるなら悪くはないなと思ってしまう。
ただ、残念ながら作画を担当する土山しげる先生は、2018年5月に亡くなられた。

現在3巻まで発売されており、今後どうなるかはわからないが、同じ絵柄での続編が永遠に見られなくなってしまったのは非常に悲しい。。。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ5:たくのみ。/火野遥人

 

転職を機に東京のシェアハウスに住むことになった20歳の天月みちるが、個性豊かな同居人と共にたくのみを楽しむマンガ。
ここまで紹介したマンガと大きく違うのは、一巻の表紙に描かれたヱビスビールからもわかる通り、市販のお酒が非常に多く登場すること。

しかもその歴史や美味しい飲み方なども知れるのが面白い。

 

ただ、個人的にはマンガよりもアニメをオススメしたい。

たくのみ。

 

だが、アニメを見ると、かなりの高確率で同じお酒を買いに走ることになると思う。
実に罪深い。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ6:異世界居酒屋「のぶ」/蝉川夏哉×ヴァージニア二等兵

 

昨今、異世界生活系のマンガや小説は数多くあるが、その中でもこれは比較的先発の部類に入ると思う。
スタートは小説投稿サイトの「小説家になろう」。

2012年から連載がスタートし、2014年にはライトノベルとして発売された。

ある日突然、日本の居酒屋が異世界と繋がってしまうというお話。
しかし、異世界のお客が相手でも提供するものは、我々日本人が知るようないわゆる普通の居酒屋と同じ。

 

ただ、その文化に触れたことがない異世界の住人は、「トリアエズナマ(とりあえず”生”。要は生ビール)」や「オデン(おでん)」の美味さに感動する。
その感動や喜び方が心から伝わり、なんだか自分も勝手に誇らしい気持ちになってくる。

そういえば一応アニメ版もあるが、安っぽいバラエティーか、始めたてのユーチューバーの動画のようでオススメはしない。

 

異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ7:おとりよせ王子飯田好実/高瀬志帆

 

こちらのマンガは、下記の記事で少しご紹介している。

関連記事
【飯田好実も絶賛】レンジでチンギスセットが本当に簡単調理なのに美味すぎて笑うしかない

キミは羊肉が好きだろうか? ジンギスカンが好きだろうか? 私は、好きだ。   幼い頃に北海道に住んでいたこともあり、たまに無性に食べたくなるときがある。 しかし他の肉に比べるとジンギスカンは ...

 

上記の記事にも書いてあるが、このマンガを見て私はかなりの商品をお取り寄せした。
それくらい魅力的なお取り寄せが数多く紹介されている。

しかもお取り寄せは調理の必要が無いものが多いので、まさに男子向けとも言えるだろう。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ8:いぶり暮らし/大島千春

 

いぶり暮らしについては、こちらの記事でご紹介した。

関連記事
マンガいぶり暮らしに学ぶ!自家製簡易ベーコンを作ったら美味すぎた

キミは、自分でベーコンを作ったことがあるだろうか? そう、あのベーコンである。 まさかベーコンそのものを食べたことがないわけはないだろうが、実際に作った経験はないんじゃないだろうか。   「 ...

 

私はこのマンガをきっかけに燻製鍋を購入し、今も定期的に燻製をしている。
さすがにベーコンを作る機会はそんなに多くないが、記事を書きながらまた作りたくなってきた。

燻製はハードルを高く感じるかもしれないが、実際にやってみるとそうでもない。

 

臭いが気になるという話もあるが、チップを放置しない限りは部屋中にずっと立ち込めるなんてこともない。

そしてカンタンなものではチーズや味玉、ポテチとかなら素人でも失敗する確率は低いだろう。
初めてなら、燻製に必要なものが一通りそろっている↓をオススメする。

 

トーセラム鍋 お手軽燻製鍋 スモークチップ5袋入り TSP/PN-31D5

 

私はまだ現役でこれを使っている。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ9:1日外出録ハンチョウ/福本伸行×萩原天晴×上原求×新井和也

 

キャッチコピーは、「カイジの飯テロスピンオフ作品」
カイジに登場する大槻というキャラクターを主人公に据えたスピンオフである。

普段は地下にある労働施設で働いている大槻が「1日外出券」というものを使い、地上で食事や呑みを堪能するというのがメインの内容。

 

ちなみに「1日外出券」は超高級品。
なので普通の人は滅多に手に入れられないこともあって慌てて行動するが、地上に行き慣れている大槻は余裕があるし、毎回どんな行動を取るのかが楽しみになる。

共感できるかどうかは怪しいが、「そういう楽しみ方もあるのか」という発見にはなるかもしれない。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ10:バーテンダー/長友健篩×城アラキ

 

バーテンダーについては、こちらの記事でご紹介した。

関連記事
一度は読まなきゃ人生損してる!DSR的オススメマンガ10選

キミは今までに、どんなマンガを読んできただろうか? 少年マンガ、青年マンガ、少女マンガ、などなどあると思う。 一昔前は、「オトナがマンガなんて。。。」という風潮があったが、この頃はだいぶ変わってきた。 ...

 

神のグラスを目指すバーテンダー、佐々倉溜を中心に物語は展開していく。

リキュールを含めて様々なカクテルの歴史やストーリーを、マンガを通じて知ることができ、しかも説明っぽくなっていないのですんなりと入ってくるように思う。

 

あとは登場人物の成長もまた、面白さの一つである。

ちなみにバーテンダーはドラマ化とアニメ化をしている。

 

バーテンダー [レンタル落ち] 全4巻セット [マーケットプレイスDVDセット商品]

 

Bartender vol.1 [DVD]

 

とりあえず、ドラマはひどかった。。。
俳優の責任というよりは脚本や演出の問題かと。

キャスティングも「なんで?」と思う人が多かった。

 

アニメについては最初に見た時は「ダメ」と思ったが、改めて見ると悪くはない。

ただ、どうしてなんだろう、ドラマもアニメも原作をほとんど無視しているので、別物として見たほうが良いと思う。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
オススメの酒呑みグルメマンガについて、下記の通りまとめてきた。

 

DSR的オススメ酒グルメマンガ1:ワカコ酒/新旧千映
DSR的オススメ酒グルメマンガ2:パパと親父のウチ呑み/豊田悠
DSR的オススメ酒グルメマンガ3:のみじょし/迂闊
DSR的オススメ酒グルメマンガ4:漫画版 野武士のグルメ/久住昌之×土山しげる
DSR的オススメ酒グルメマンガ5:たくのみ。/火野遥人
DSR的オススメ酒グルメマンガ6:異世界居酒屋「のぶ」/蝉川夏哉×ヴァージニア二等兵
DSR的オススメ酒グルメマンガ7:おとりよせ王子飯田好実/高瀬志帆
DSR的オススメ酒グルメマンガ8:いぶり暮らし/大島千春
DSR的オススメ酒グルメマンガ9:1日外出録ハンチョウ/福本伸行×萩原天晴×上原求×新井和也
DSR的オススメ酒グルメマンガ10:バーテンダー/長友健篩×城アラキ

どれも自信を持ってオススメする。
気になったものがあれば、手に取ってみてもらえると幸いである。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯,

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.