スポンサードリンク

【坂本龍馬も激賞】鹿児島県霧島市はこんなにも魅力ある場所だった

投稿日:

https://danshiryoku.jp

キミは鹿児島県霧島市を知っているだろうか?
近年移住者が増えており、NHK大河ドラマの西郷どんでも取り上げられていることで、大きな注目を集めている。

私はどんなところなのか全然知らなかったが、説明を聞いてみると、なるほど確かに魅力的だった。

 

今回は「【坂本龍馬も激賞】鹿児島県霧島市はこんなにも魅力ある場所だった」と題し、霧島市についてまとめていこうと思う。

西郷どん、坂本龍馬ゆかりの地、鹿児島県霧島市

西郷隆盛が家族で何度も訪れ、坂本龍馬は日本初の新婚旅行の地として選んだ場所。
それが鹿児島県霧島市である。

近年注目を集めており、移住者数は九州で1位。
住みたい温泉地では全国1位に輝いた。

 

元から温泉や霧島神宮、犬飼滝などの名所があったが、そこに加えて移住者がオープンしたカフェやレストランなどが注目を集めている。

 

日本初の新婚旅行だけでなく、坂本龍馬がプライベートでもどっぷり愛した霧島市

 

坂本龍馬と言えば明治維新の中心人物。
そもそもは土佐、今で言う高知県の出身である。

そのため日本中を忙しく飛び回ったが、そのほとんどはビジネス。

 

何らかの目的があって訪れていたが、霧島市に関しては完全にプライベートで何度も訪れていたそうだ。

そして今では当たり前になっている新婚旅行を、日本で初めて行ったのも坂本龍馬とお龍夫妻。
その地が霧島市だったことを、恥ずかしながら私は初めて知った。

 

140枚の中で4枚しか無い、絵入りの手紙にも描かれた犬飼滝

中でも坂本龍馬が「この世のものとは思えない」と絶賛したのが犬飼滝。

 

坂本龍馬は姉である乙女を心から慕っていたのは有名な話だが、姉には旅先などからでも度々手紙を送っていたそうだ。

それが現在見つかっているものだけでも140枚以上。

 

しかしほとんどは文章のみで、絵が描かれているのは4枚しかないが、その中の1枚は犬飼滝の絵。
どれだけ坂本龍馬が感動したかがよくわかる。

写真で見てもキレイなので、実際訪れるともっとスゴイんだろう。

 

これは良い方のブラック。「ブラック食材」を詰め合わせた「霧島御膳」

 

ブラック食材×霧島御膳1:黒さつま鶏の”黒”ンティーヌ

ブラック食材×霧島御膳2:黒麴豚の黒酢柔らか煮 利休酢餡かけ

ブラック食材×霧島御膳3:黒毛和牛 アゴ肉のネギマ

ブラック食材×霧島御膳4:里芋天田楽

ブラック食材×霧島御膳5:原木椎茸の酒醤油焼き

ブラック食材×霧島御膳6:霧島サーモンの刺身

ブラック食材×霧島御膳7:霧島サーモンフライ きりしま”茶ル茶ル”ソースがけ

 

料理を考案した料理長はダジャレが好きらしく、メニューの要所要所に色々ちりばめられている。
しかし当たり前だが料理自体は真剣そのもので、素材の魅力を引き出しているように感じた。

個人的には黒毛和牛のネギマがヒットだった。

 

ブラック食材×霧島御膳8:黒毛和牛、黒麴豚、黒さつま鶏のそぼろごはん
~霧島茶出汁をかけて、ひつまぶし風に~

こちらは3種類のお肉が使われた、なんとも贅沢なそぼろごはん。

 

味付けが上品な分、肉の旨味がハッキリと伝わってきた。

そしてある程度そのままでいただいた後には、霧島茶出汁をかけてひつまぶし風に。

 

さらに優しい味になり、スルスルとお腹の中に入っていった。

 

ブラック食材×霧島御膳9:きりしま”茶”場蘭(サバラン)

ブラック食材×霧島御膳10:人参芋の蜜煮

 

食事も素晴らしかったが、個人的にはデザートの美味しさに少しビックリした。
見た目はなんだか華やかさにかけるが、実際に食べてみると口の中には様々な味が広がる。

素朴ながらも味わい深く、あっという間に平らげてしまった。

 

ブラックと言うとどうも悪いイメージが先行しがちだが、これは完全に良い”ブラック”だった。

 

日本一のお茶!霧島茶を使った抹茶ビール

ちなみにこの日の会場は、以前に抹茶ビアガーデンをご紹介したRESTAURANT 1899 OCHANOMIZU。

関連記事
【期間限定】1899抹茶ビアガーデンで体の色が変わるまでお茶ビールを飲み尽くせ!

キミは抹茶とビールのマリアージュを堪能したことがあるだろうか? もしないとしたら、どうせなら体の色が変わるくらいに堪能したいと思わないだろうか? そこまでではないにしても、色んな種類を飲んでみたいとは ...

 

そんなこともあり、この日は特別に霧島茶を使った抹茶ビールも振舞われた。

 

2018年の夏にカラダの色が変わるくらい抹茶ビールをいただいたが、当然ながらその時とは味が違った。

霧島茶は個性がハッキリしているように思う。
お茶の主張は強いものの、しつこくはなく、後味はスッとしている。

 

ちなみにこちらの霧島茶、全国茶品評会で農林水産大臣賞・2年連続産地賞を受賞している日本一のお茶とのこと。
お茶というと静岡県のイメージが強かったが、そんなこともないらしい。

お茶単体でもいただいたが、美味しかった。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
鹿児島県霧島市について、下記のことをまとめてきた。

 

西郷どん、坂本龍馬ゆかりの地、鹿児島県霧島市
日本初の新婚旅行だけでなく、坂本龍馬がプライベートでもどっぷり愛した霧島市
140枚の中で4枚しか無い、絵入りの手紙にも描かれた犬飼滝
これは良い方のブラック。「ブラック食材」を詰め合わせた「霧島御膳」
日本一のお茶!霧島茶を使った抹茶ビール

 

私は魅力を知って、行きたくなってきた。
場合によっては旅のレポートなどをまとめるかもしれないので、楽しみにしていてほしい。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯,

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.