【慎ちゃんカッコイイ!】オリラジ藤森慎吾におっさんも惚れる

  1. HOME >
  2. ファッション >

【慎ちゃんカッコイイ!】オリラジ藤森慎吾におっさんも惚れる

個人的には、「あっちゃんカッコイイ!」ではなく「慎ちゃんカッコイイ!」と言いたい。

今私は、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんにハマっている。
おっさんだが、惚れていると言っても良いかもしれない。

 

素直さや行動力、女性への気遣いや紳士的な振る舞いは、男子力を磨いていくうえで学ぶ部分がありすぎる。

今回は「【慎ちゃんかっこいい!】オリラジ藤森慎吾におっさんも惚れる」と題し、ここ最近非常に注目しているオリエンタルラジオの藤森慎吾さんについてまとめていこうと思う。

オリラジ藤森慎吾におっさんも惚れる。尋常じゃない素直さと行動力

あれほど多くの浮き沈みを体験しているコンビは、もしかすると他にはいないのかもしれない。
オリエンタルラジオは本当の意味で頂点からどん底を知っていると思う。

だが、さらにスゴイのはその浮き沈みが何度もあること。

 

武勇伝、チャラ男、PERFECT HUMANという大きなヤマがあった後、中田敦彦さんはYouTubeで大成功をおさめ、藤森慎吾さんはバラエティに俳優業に、そしてYouTubeに精を出されている。

私が藤森さんに惚れ始めたのは、とあるネットニュースがきっかけでオリラジのYouTubeチャンネルを見てからだった。

前代未聞とも言えるラジオの生放送でのケンカなどを起こし、かつてはコンビ仲が最悪だったこともあったりして関係性は何周かしていると思うが、現在は一番良い状態なんだとか。

オリラジチャンネルのスタート当初はYouTubeをやっていなかった藤森さんも、その後すぐにYouTubeチャンネルを立ち上げた。

 

オリラジチャンネルでは藤森さんのYouTubeチャンネルに対し、中田さんが色々とアドバイスを送るが、そのことごとくを藤森さんは実践。

その謙虚さが出ているわかりやすい例はこちら。

これは中田さんが公開したスラムダンクの動画を参考にして作られた、高速ラップでの実況動画である。

そもそもこのラップ動画も、オリラジチャンネルで中田さんから「やったほうが良いよ」と言われたもの。

そしてラップ公開後のオリラジチャンネルで中田さんから絶賛の声はあったものの、「YouTube大学の縮小版みたいなのがもったいない」「スマホを見ながらなのが残念」などの意見もあった。

スマホを見ながら問題に関しては、カメラのモニターに歌詞を透過できる「プロンプター」という機材があると中田さんが助言し、その後公開されたのがこちらの動画。

動画の世界観は全然変わっており、スマホを持たずにラップをしていることから素直にプロンプターを導入したのがわかる。
年を取れば取るほど偏屈になる人が多い中、この素直さと行動力には驚かされた。

 

基本のルックスの高さとそれを磨くための努力。そして気遣いと紳士っぷりがスゴイ

さらに何と言っても藤森さんはそもそものルックスが高いうえ、それを高めるための努力も怠っていない。

ヘアスタイルもさりげなく見えながら時間をかけてセットしている。

男子向けのこの動画の中でも、「寝癖を直すのはメイクさんの仕事じゃないですから」とさりげなくカッコイイ気遣い。

そして最近にわかに話題になってきている、マネージャーの飛松さんとの動画。

藤森さんにとっては何のことはない会話だったそうだが、私だけでなくキミもこの動画から女性への接し方を色々と学べるはず。

マネージャーはもちろんだが、藤森さんは本当に女性への接し方が紳士的すぎる。
個人的に一番スゴイと思ったのは、こちらのガンバレルーヤとの動画。

冒頭「元気してた?」と質問する藤森さんに、「どっちだと思います?」と逆質問をするガンバレルーヤよしこさん。
ついつい「知らんがな」とか「めんどくさ!」と思ってしまいがちなこの状況。

しかしそれに対する藤森さんの返答は、「何その楽しいクイズ」
しかも動画を見てもらうとわかるが、間髪入れずにこの言葉が出てくる。

 

・・・私は思わず深く反省した。
さらに動画の中ではガンバレルーヤの悩みにも親身に答え、女性芸人に対する自分のポリシーなども語っており、これまた紳士的である。

 

そもそもは完全プライベートでオンラインコミュニティのFILLLLAGE(フィレッジ)に入村

そんな藤森さんだが、2020年9月にオンラインコミュニティの「FILLLLAGE(フィレッジ)」を立ち上げた。

FILLLLAGE(フィレッジ)より引用

フィレッジを一言で表すと、「家族でも、友人でも、仕事でもない4番目の場所」

オンラインでもリアルでも架空の村を作り、その中で交流したり、サウナを探しに行ったり、畑を作ったりなど、様々な形での村おこしを考えているとのこと。

 

コミュニティのメインはフェイスブック。
専用のフェイスブックページ内では藤森さんを含めたメンバーが自由に交流できたり、何かしらの企画なども行う予定とのこと。

月額会費の1,100円をどう思うかは人ぞれぞれだろうが、個人的には全然高くは感じない。
ちなみに記事作成時点でのメンバー数は395人。もうすぐ400人に届きそうである。

 

私自身正直少し悩んだものの、意を決して申し込むことに。
ただ、申し込んだ当初は全然記事化などは考えておらず、完全にプライベートで楽しむつもりで申し込んだ。

 

フィレッジに入村早々、まさかのご本人との直接通話

フィレッジに入った当初まずは過去のコンテンツなどを振り返り、今までにどんなことが行われていたのかやコミュニティのルールなどをチェック。

そんな中で何度か実施されたライブ配信のアーカイブを見てみると、コミュニティのメンバー(コミュニティ内ではフィレンジャーと呼ばれる)とライブ配信中に直接通話している姿が目に映った。

 

どのような基準で選ばれているのかはわからないが、ライブ配信に参加すればそんなチャンスもいつかは巡ってくるのかもしれない。

そんな淡い期待のようなものを抱いていた。
というか藤森さんと直接話してみたいと思ったのも、申し込んだ動機の1つ。

 

そして私が入村した当日にも実施されたライブ配信に、途中からではあるが参加。
個人的な話だが、フェイスブックのライブ配信は初めての経験だった。

過去の動画を見ると自分からリクエストのようなものを送り、それに藤森さんが応えているような感じだったので、ともあれ色々探しながらリクエストを送信。

 

何だか宝くじを買ったような気分で待っていたら、まさかのリクエスト承認。
入村早々、藤森さんご本人との通話となった。

言い訳をすると時間も時間だったため風呂上がりで、一応安眠や疲労回復の効果があるリフランスのTシャツ姿だったが、他の人から見たらなんとラフで気を抜いた格好だっただろうか。

男子力が聞いてあきれる。
でも、そんな理由で通話を受けないのはもったいないと思い、意を決して通話することに。

 

オリラジ藤森さんに「男子力とは?」と直接質問してみた

実際に話してみると、本当に気遣いの鬼だった。
そして、気持ちよく話させる天才。

サイトに関しても「めちゃくちゃ興味そそられるタイトルなんですけど」と言っていただいたり、「いいね、着眼点が、それは」など、サラッとほめていただいて私が勝手に気分が良くなっていた。

 

さらにはどさくさ紛れに当サイトの話をし、「藤森さんが思う男子力とは?」なんて質問もぶつけてみることに。
「さてはそれ、トピックにして載せてくれるんじゃないの?」と言われ、「どうぞ!」とのことだったのでお言葉に甘えさせていただいた。

 

藤森さんが思う男子力は、端的に言えば「段取り力」

ただ、みっちりきっちり予定を立てろというわけではなく、相手に見せないように準備を丁寧に行いながらも、それを悟らせないことが大事だと言っていた。

 

せっかく準備をしてもそれを押し付けたり、恩着せがましい態度を取ったり、予定のために相手を急かしたりすると「ウザ!ってなっちゃう」とのこと。

デートのお店の予約は当然として、それ以外に「靴を脱ぐ必要があるのか」「服にニオイがついてしまう可能性があるか」などの下調べもすべきと聞いて、個人的には目からウロコだった。

 

そして、「男も2時間前からデートの準備をすべき!」という話も。
藤森さんは女子力という言葉、そして女性の意識の高さをリスペクトしているそうで、普段から気を付けているんだとか。

デートでも女性は1、2時間かけて準備する中、男はヘタをすると5分前に準備したり、テキトーな人が多いため、身だしなみや洋服選びなど、最低限女性がやっていることはやってほしいとのこと。

 

ひいてはそれが「段取り」にも繋がると個人的にも思った。

ちなみにこの生配信の動画はアーカイブされており、フィレッジに入村すれば見ることができる。
キミがどうしても気になるのであれば、ぜひともフィレンジャーになって確かめてみてほしい。

藤森慎吾オンラインサロン「FILLLLAGE」はこちら

 

そういえば通話の切り方がよくわからず、Facebookのアプリごと落としたので変な感じになったことを、関係各位にはお詫び申し上げる。。。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

オリラジ藤森さんについて、下記のことをまとめてきた。

 

・数々の浮き沈みから生まれる深い人間力
・30代後半でも素直さを忘れず即行動
・男磨きに余念がない
・女性への気遣いは特にピカイチ
・藤森さんの思う男子力=段取り力
・男子も1、2時間前からデートの準備を!

 

まさかいきなりご本人と話せると思わなかったが、やはり何と言うか、カッコイイ。

そのせいもあるのかひらすら藤森さんを称賛するような記事になってしまったが、YouTubeのコメント欄などを見ても藤森さんへのアンチコメントは非常に少なく、ファンの質の高さもうかがえる。

 

それはさておき今後フィレッジはさらに大きくなるだろうし、藤森さんも多忙のようなので、ご本人と話せるチャンスはどんどん減っていくんじゃないかと。

今ならまだライブで直接話せる可能性が高いと思うので、キミが少しでも気になったのならフィレッジへの入村をオススメする。

藤森慎吾オンラインサロン「FILLLLAGE」はこちら

-ファッション, ライフスタイル, 雑学

© 2020 男子力.jp-DSR-