【まるで一流ホテルのパフェ】バニラ&クランチショコラが普通にウマい

  1. HOME >
  2. 雑学 >

【まるで一流ホテルのパフェ】バニラ&クランチショコラが普通にウマい

キミはバニラアイスが好きだろうか?
チョコレートが好きだろうか?

王道とも言えるバニラとチョコの組み合わせでありながら、ハーゲンダッツの新解釈をふんだんに盛り込んだ新しい王道にもなり得そうな「バニラ&クランチショコラ」。

 

今回は「【まるで一流ホテルのパフェ】バニラ&クランチショコラが普通にウマい」と題し、期間限定販売のバニラ&クランチショコラについてまとめていこうと思う。

王道でもハーゲンダッツらしい特別な味わい「バニラ&クランチショコラ」

バニラと言えばアイスのフレーバーでは定番・王道なんじゃないだろうか。

実際、期間限定のものを含めて本当に様々なフレーバーを販売しているハーゲンダッツにおいても、バニラは根強い人気を誇るフレーバーなんだとか。

 

そんなバニラとチョコレートの組み合わせも王道のゴールデンコンビ。
やりつくされた感があり、ある程度味のイメージができてしまうこの組み合わせだが、ハーゲンダッツは「オリジナルのバニラの味わい」を追求し、特別感を味わえるアイスを作り出した。

 

それが4月27日より期間限定販売の「バニラ&クランチショコラ」

バニラとチョコにフィアンティーヌが入ったクランチを加え、贅沢なパフェのような味わいを表現している。

フィアンティーヌは、薄く焼き上げたクレープ生地を細かく砕いたフランスのお菓子のことである。

バニラアイスにはホワイトチョコレートを加えられており、そこにとろーりビターなチョコレートソース、さらにはサクサクした食感のフィアンティーヌ入りビターコーティングが層状に重ねられている。

 

バニラ&クランチショコラを実際に食べてみた感想

そんなバニラ&クランチショコラを実際にいただいてみた。

フタを開けるとこんな感じ。

バニラアイスの中に、ほんのりビターなチョコレートソースが見え隠れしている。

いただいてみるとバニラ部分はホワイトチョコレートの影響か、普通のバニラフレーバーよりも奥深い味わいが感じられる。

 

そしてチョコレートは甘すぎずビターに仕上がっており、バニラアイスと一緒に食べるとまったく違う味わいになる。

食べ進めていくとそこそこに厚みのあるチョコレートの層にぶつかる。

ハーゲンダッツの期間限定商品の特長は、層状になっている部分じゃないかと個人的には思う。
通常のフレーバーも美味しいが、美味しいものをさらに重ねているので嬉しいことこの上ない。

とはいえ、美味しいものをただ重ねても倍美味しくなるわけでもない。
そこを美味しく仕上げられるのは、やはりハーゲンダッツだからなんだろうと思う。

 

チョコレートコーティングはサクサクとしており、そこに進むまでの味わいとは全然違う。
単体でいただくのも良いし、バニラアイスに絡めるとチョコレートソースとの組み合わせとはまた違った味わいになる。

 

味わいそのものは正直想像の範疇を出るものではないが、すべてのレベルが高く、完成されている。

そして、想像できるというのは安心して食べられるし、ストライクゾーンの広さも意味しているんじゃないかと。

 

普通に、美味しい。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

ハーゲンダッツのバニラ&クランチショコラについて下記のことをまとめてきた。

 

・ハーゲンダッツの人気フレーバー「バニラ」で特別なアイスを
・大きなポイントはフィアンティーヌ
・ハーゲンダッツの期間限定アイスは層状のもの多し
・安心できて普通に美味しい

 

食品はどうしても好みが出てしまうものだが、バニラ&クランチショコラは幅広い層にオススメできると思う。

キミがバニラもチョコも特別苦手でなければ、とりあえずは食べてみることをオススメする。

-雑学