とっくんがオススメする男子力高めレシピ「ステーキ」が絶品だった

  1. HOME >
  2. 男子飯 >

とっくんがオススメする男子力高めレシピ「ステーキ」が絶品だった

古来より、塊肉は男の本能に訴えかける。
草食男子よりは肉食男子のほうが、野蛮さや荒々しさを感じながらもやはり強そうな感じがするもの。

男子なら、肉を。
そしてどうせなら自分自身で調理の段階から行ったほうが、味わう時の喜びもひとしおである。

 

でも実際どういうふうに焼いていけば良いのか。

今回は「とっくんがオススメする男子力高めレシピ「ステーキ」が絶品だった」と題し、ステーキのレシピについてまとめていこうと思う。

とっくんがオススメする男子力高めレシピ「ステーキ」の材料

以前に当サイトではレシピ本きっかけで、YouTubeやTwitterなどの料理動画で有名なとっくんさんに直接インタビューをさせていただいた。

関連記事:【優勝しまくる一般男性】レシピ本が人気のとっくんにインタビューしてみた

 

手っ取り早くウマい酒が飲みたい!! ビールめし

 

そしてそのインタビューの中で、「レシピ本の中でとっくんさん的に男子力が高いと思うメニューは?」という質問を投げたところ、ステーキという回答があった。

男子は肉を食ってナンボと言うのもあるし、火加減の調節やちょっとしたひと手間で料理が美味しくなる、そんな楽しさを感じてほしいとのことだった。

 

ちなみにステーキに関しては、ビールで優勝する動画と白米で優勝する動画の2パターンがある。

ビールと白米という違いだけでなく、付け合わせやレシピも若干違うので、キミの好みを選ぶと良いんじゃないかと。
ちなみにレシピ本に載っているのはビールと優勝するほうのレシピで、材料は下記の通り。

 

牛肉(ステーキ肉)・・・食べたいだけ
塩、こしょう・・・各少々
玉ねぎ・・・1/2個
にんにく・・・1片

■A
しょうゆ・・・大さじ2
みりん・・・大さじ2
料理酒・・・大さじ2
砂糖・・・大さじ1

バター・・・適量
ポテトサラダ・・・適宜

手っ取り早くウマい酒が飲みたい!! ビールめしより引用

 

レシピ通りにステーキ肉を焼くことしか考えていなかった筆者

申し訳ないが今回は肉を焼くことしか考えておらず、ソース作りや付け合わせは横着させていただいた。

一応ソース作りについては玉ねぎの皮をむいてざく切りにし、にんにくも皮をむく。それとAの材料を合わせてミキサーにかけた後、鍋に移して火をかけ、アルコール分を飛ばす。そして肉を焼いた後に同じプライパンに入れて火をかければソースの出来上がりである。

 

気を取り直してメインのステーキの工程を。私が用意したのはアメリカ産の牛肉。

こちらの大きな脂身を取り除き、筋を切って全体に軽く包丁を入れた。

レシピとしては動画2つのハイブリッド気味になっている。
そしてこちらのステーキ肉に塩、こしょうをパラパラ。

フライパンで先ほど切り取った脂身を熱し、

塩、こしょうを振った面を下にしてお肉をフライパンに投入。

両面にこんがりと焼き色がついたら、とっくんさんが「あのひと手間をするかしないかで、味わいが違ったりします」と言っていた、アルミホイルでお肉を休ませる工程を挟む。

すぐにでも食べたいところをぐっとこらえ、市販のソースを火にかけながらしばし待った。

 

焼き上がったステーキの断面の美しさとお店のような美味さ

そして焼き上がったステーキを包丁で食べやすいサイズにカットし、その中で見栄えが良さそうな一切れの断面はこちら。

実に美しい。私はレアが好きなので、これがベストな焼き加減だった。

私の場合は両面に焼き目がついた後、すぐにアルミホイルで寝かせる工程に入ったが、キミがもしもっと火を通したいと思うなら、フタをして弱火でもう少し焼いた方が良いと思う。

 

どうしても心配であれば、調理中に切って焼き具合を確認するのも一つの方法かと。
ともあれ私が焼いた肉に、ステーキソースをかけたビジュアルはこちら。

あまり美しい盛り付けはできなかったが、美味しそうな感じは伝わるはず。そう思いたい。
というか、実際食べてみると本当に美味しかった。

見た目は「中は冷たいんじゃないの?」と思うくらいだろうが、食べてみると中までほんのり温かい。
おそらくこの感じは、アルミホイルで休ませたからこそなんじゃないかと。

 

その工程が無ければ、実際中は冷たかったかもしれない。
そして、余分な脂身カットと包丁の切れ目もバッチリ効果が現れている。

レアだからという理由だけでなくて肉は柔らかいし、噛み切りやすい。
さりげなくビールは合わせたが、写真は忘れた。。。

 

しかし、陰ながらしっかり優勝はできた。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

とっくんさんのステーキレシピについて、下記のことをまとめてきた。

 

・ステーキは男子力高め
・ただ焼くだけでなく、ひと手間を大切に
・焼く前にお肉をトリミング
・焼く時は塩、こしょうの面を下に
・アルミホイルで寝かせるのが大事
・焼き加減は完全に感覚

 

やはり、下ごしらえは本当に重要なんだと実感できた。
今までに自分でステーキを焼いてきたことは何度かあるが、正直美味しいと感じたことはほとんどなかった。

しかし今回のレシピでステーキを焼いてみて、定期的に食べたいと思うことができた。
キミもぜひ一度、試してみることをオススメする。

 

手っ取り早くウマい酒が飲みたい!! ビールめし

-男子飯,

© 2020 男子力.jp-DSR-