スポンサードリンク

saketaku(サケタク)の採算度外視おつまみは高級感が半端ないって!

更新日:

以前にサケタク(saketaku)のアンバサダーになったことを記事で伝えた。

関連記事
saketaku(サケタク)アンバサダーとして、届いた日本酒の魅力をまとめてみた

以前にsaketaku(サケタク)というサービスについてご紹介した。   ご紹介した当時とは少しサービスや価格などが変わっており、会員数も増えているようだ。 そしてこのほどDSRは、サケタク ...

 

サケタクとはなんなのか、どんなサービスなのかはこちらの記事でまとめている。

関連記事
saketakuで極上日本酒と本格おつまみを自宅でガッツリ堪能できる!

キミは日本酒が好きだろうか? 以前には日本酒の燗や冷やの種類、オススメの日本酒などをご紹介した。   ただ、ご紹介したのはほんの一握り。 日本酒は星の数ほどあり、酒屋はもちろん、アマゾンや楽 ...

 

そして今回また新たな日本酒とつまみが届いたのでご紹介していこうと思う。

今回のサケタクの目玉は「採算度外視の高級おつまみ」

サケタクのサービスは開始当初に比べると色々変わっており、続けるほどにお得なものもある。

冒頭の記事でもご紹介しているが、具体的には下記の通り。

 

・2回目 「味わい広がる saketaku 専用ぐい呑み」プレゼント
・4回目 「採算度外視の高級おつまみ」プレゼント
・7回目 「赤字覚悟!幻の日本酒」プレゼント
・13回目 「日本酒好きのための○○」プレゼント

 

そしてサケタクのアンバサダープログラムでは、その中でもいいとこどりができて、ポイントとなるサービスを受けることができる。

ちなみに今回は、

・4回目 「採算度外視の高級おつまみ」プレゼント

のサケタクを届けていただいた。

 

saketaku(サケタク)で届いた「採算度外視の高級おつまみ」:漢方牛大和煮(かんぽうぎゅうやまとに)

日本酒の定期便だが、今回はせっかくなのでこの採算度外視の高級おつまみからご紹介しようと思う。

 

採算度外視、高級おつまみのコンセプト

4回目のサービスで受け取れるこちらの高級おつまみ。

「調理済みで手軽」「お酒に合う美味しさ」にこだわって、日本酒のソムリエが厳選したおつまみらしい。

 

おそらくサケタクについてくるおつまみはそういう意図で選ばれているとは思うが、そこはやはりビジネス。
採算を無視してチョイスはできないので、どこかしらに妥協が入ってしまうんじゃないかと。

 

しかしこの回ではそういった妥協をとっぱらって、一緒に届く日本酒と一番のマッチングをするおつまみがチョイスされている。

本来は届くはずのない採算度外視のものなので、この回限定のプレゼントという位置づけのようである。

 

今回届いた採算度外視のおつまみはこちら

今回私のもとに届けられたのは、漢方牛大和煮(かんぽうぎゅうやまとに)。

 

とりあえず、パッケージからして高級感が違う。

 

確実に数百円では買えなさそうな雰囲気がある。
和牛の煮物。

しかもサイズも結構デカい。

 

ただ、キミにも同じものが届くとは限らない。
おそらく一緒に届く日本酒や季節、時期などを加味してチョイスされるはずなので。

なにはともあれ、ひと味違うことはすでにパッケージで感じられた。

 

漢方牛大和煮(かんぽうぎゅうやまとに)を実際に食べた感想

ということで実食。
レンジで少し温めると良いと書いてあったので、容器に移して温めてみた。

 

写真でどこまで伝わるかわからないが、缶詰とは思えないボリューム感だった。
そして潔く牛のみで構成されている。

こういうおつまみだと大根とか人参とかでカサ増しされているのが普通だが、そこは採算度外視。

あるのはゴロゴロした大きな肉のみ。

 

当然食べ応えは抜群だが、お肉はしっかり煮込まれてトロトロほろほろ。
味付けは甘めだがくどくはなく、日本酒の味を実に良く引き立ててくれた。

 

saketaku(サケタク)で届いた日本酒1:久美の浦(くみのうら)

ではここからは日本酒について。
まずは「久美の浦(くみのうら)」

 

久美の浦(くみのうら)の鑑定書

 

大きな特徴として「海のイメージの穏やかな酸味」とある。
オススメの温度は14~16度。

合う料理については海のもの。刺身やつみれ汁など、魚の脂もキレイに洗い流してくれる。

 

久美の浦(くみのうら)のTasthing Checklist

 

穏やかで落ち着いていて、それがずっと続くことが特徴となっている。
穀物やヨーグルトを思わせるような味わいが特徴と書かれている。

 

久美の浦(くみのうら)を飲んだ感想

飲みやすく、味がずっとたなびいていくようなイメージがある。
おとなしいが旨味はしっかりとあり、濃い肉の味でもしっかりと受け止めてくれる。

 

saketaku(サケタク)で届いた日本酒2:KAKEYA(かけや)

 

次は「KAKEYA(かけや)」。
今回どちらかといえば、私はこちらを選ぶ。

 

KAKEYA(かけや)の鑑定書

 

大きな特徴として「濃醇でバランスが良い」とある。
オススメの温度は16~35度。比較的高めである。

合う料理については甘味・旨味主体で油脂感が強い料理。
ギンダラの西京焼きや唐揚げが好相性と書かれている。

 

というかおつまみも、どちらか言えばこちらに合うものじゃないかと思う。

 

KAKEYA(かけや)のTasthing Checklist

 

複雑だけどさわやか。
熟成のキレなどがあり、とにかく味がしっかりしていることが窺える。

 

KAKEYA(かけや)を飲んだ感想

バランスの良さがありながらもしっかりした味わいに、個人的にはノックアウトされた。
実際久美の浦はこの日に飲みきれなかったが、KAKEYAはすぐに空いてしまった。

この日はたまたま自家製ベーコンを用意していたこともあり、濃い料理との相性は本当に抜群だった。

 

関連記事
マンガいぶり暮らしに学ぶ!自家製簡易ベーコンを作ったら美味すぎた

キミは、自分でベーコンを作ったことがあるだろうか? そう、あのベーコンである。 まさかベーコンそのものを食べたことがないわけはないだろうが、実際に作った経験はないんじゃないだろうか。   「 ...

 

まとめ

いかがだっただろうか。

 

・今回のサケタクの目玉は「採算度外視の高級おつまみ」
・saketaku(サケタク)で届いた「採算度外視の高級おつまみ」:漢方牛大和煮(かんぽうぎゅうやまとに)
・採算度外視、高級おつまみのコンセプト
・今回届いた採算度外視のおつまみはこちら
・漢方牛大和煮(かんぽうぎゅうやまとに)を実際に食べた感想
・saketaku(サケタク)で届いた日本酒1:久美の浦(くみのうら)
・saketaku(サケタク)で届いた日本酒2:KAKEYA(かけや)

 

キミがサケタクに興味が出てきたのなら、まずはこちらにアクセスしてみてほしい。

サケタクのサービスについて知ってみる。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯,
-,

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.