スポンサードリンク

【お前はまだグンマを知らない】とりあえず「ねぎぼうず」に行っとけ!

投稿日:

https://danshiryoku.jp

キミは群馬に行ったことがあるだろうか?
もしくは、住んでいるだろうか?

住んでいてもいなくても、「ねぎぼうず」をオススメしたい。
ねぎぼうずはもつ焼きのお店であり、もつ焼きはもちろん他にもこのお店ならではの絶品料理が揃っている。

 

今回は「【お前はまだグンマを知らない】とりあえず「ねぎぼうず」に行っとけ!」と題し、ねぎぼうずというお店についてご紹介しようと思う。

群馬県の新前橋駅からほど近い。もつ焼きの美味しい店「ねぎぼうず」

ねぎぼうずは、群馬県は新前橋駅から徒歩2分の場所にある。
店の外観も、店の中もレトロな雰囲気で活気があり、こんな座敷の席もある。

 

お店は連日盛況。
席数は20席のため、場合によっては入れない可能性もあるので、行く日が決まっているなら事前の予約をオススメする。

私がお邪魔したのは月曜だったが店内はほぼ満席だった。
画像の座敷にも、写真撮影後ほどなくしてお客さんがやってきた。

 

写真を見返すだけで胃袋が刺激される。ハズレ無しの絶品もつ焼きの数々

私がいただいたもつ焼きはこんな感じ。

 

どれもこれも間違いない美味しさだった。
肉厚だし、ジューシーだし、タレも塩もそれぞれの魅力があった。

個人的に印象に残っているのはレバー。

 

ごま油とネギを載せていただいた。

 

個人的にレバーはそんなに好きではないが、このレバーは非常に美味だった。
生臭さというかクセが全然ないし、食感も良い意味でのトロトロというか、クリーミーさがあった。

 

あとは煮込みもこれまた絶品だった。

 

酒の強さに自信があるなら「うめわり 450円」がオススメ

キミがもし酒の強さに自信があるなら、ぜひうめわりを試してみてほしい。
こちらは梅酒をキンミヤ焼酎で割ったもの。

 

酒を酒で割るという、なんともわんぱくすぎるドリンクである。
そのため、1人3杯までという制限が設けられている。

しかしキミがもっと飲めるなら、もちろんそれ以上のオーダーも可能。
常連になれば、ジョッキでも提供してもらえるらしい。

 

ただ「それでも問題ない」とマスターに判断された場合に限る。
フラフラしてたり、暴れたり、吐きまくったりしたら当然NG。

このあたりは「楽しめる」レベルまででとどめておいてほしい。

 

あったら必食!「お一人様一個限定 手造りメンチ」 350円

もつ焼きの店ではあるが、オススメしたいのは手造りメンチ。

 

こちらは1人1個まで注文できない。
それでもかなり早い時間に売り切れてしまうことは多く、実際この日は2人でお邪魔したが残り1個しかなかった。

 

ただ、お店を訪れたなら必ず注文してほしい。
食べてみれば、1人1個限定なのにすぐ売り切れてしまう理由がわかるはず。

噛むとゴロゴロした肉の食感が感じられ、あふれ出る肉汁と一緒に肉のうまみが口いっぱいに広がる。

 

ソースをかけても美味しいが、ソースをかけなくても味はしっかりしているので、まずはソースをかけないで食べてみてほしい。

私は吉祥寺で毎日行列ができる佐藤メンチも食べたことがあるが、正直そこよりも美味しいと思った。

 

地味に美味しいガーリックトーストとトマト串

メンチともつ焼き以外のメニューでは、ガーリックトーストとトマト串もオススメである。

ガーリックトーストは濃厚な味わいながら、肉肉しさをほどよく包み込んで、味を膨らませてくれる。

そしてトマト串はさわやかな酸味で口の中をリセットしてくれる。

 

ねぎぼうずのお店情報

予約・お問い合わせ:027-212-9259(予約可)
営業時間:[月〜土] 17:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:日曜・祝日
支払い方法:カード不可
住所:群馬県前橋市新前橋町17-13

 

まとめ

いかがだっただろうか。
ねぎぼうずについて、下記のことをまとめてきた。

 

新前橋駅からほど近い。もつ焼きの美味しい店「ねぎぼうず」
写真を見返すだけで胃袋が刺激される。絶品もつ焼きの数々
酒の強さに自信があるなら「うめわり 450円」がオススメ
あったら必食!「お一人様一個限定 手造りメンチ」 350円
地味に美味しいガーリックトーストとトマト串
ねぎぼうずのお店情報

 

群馬に行く機会があってもなくても、一度は行ってみることをオススメする。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 男子飯,

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.