【男子力が上がる新感覚照明】Nanoleaf(ナノリーフ)の設置手順まとめ

投稿日:

https://danshiryoku.jp

キミの家に、照明はあるだろうか?
普通の照明ではない。オシャレなやつである。

「オシャレな照明なんてないだろう」そんなことはない。

 

Nanoleaf(ナノリーフ)はオシャレだし機能的なので、女子ウケはもちろんのこと、日常生活でも便利に使える。

今回は「【男子力が上がる新感覚照明】Nanoleaf(ナノリーフ)の設置手順まとめ」と題し、ナノリーフとはなんなのか、そして設置手順についてまとめていこうと思う。

唯一無二の新たな照明?Nanoleaf(ナノリーフ)

Nanoleaf(ナノリーフ)の特長は下記の通り。

 

・タッチで操作できる
・リアルタイムで音楽と同期
・組み換え、組み合わせ、並べ方が自由
・カラーバリエーションがとんでもなく豊か
・オンオフのスケジュール設定で自動化できる
・アプリで操作できる

 

こちらは実際に使ってみた動画である。

アプリ操作で色が変わっているのがわかるはず。
カラーのパターンは単色はもちろん、時間の経過で色を変わるように組み合わせを作ったり、音に連動させることもできる。

音楽だけでなく、手を叩いたりなどでも色が変わる。

 

色の組み合わせを考えるのが面倒な場合は、元々用意されているものがあるし、他のユーザーが考えた色の組み合わせを使うこともできる。

そしてアプリはもちろんだが、タッチでの操作も可能。
主となる様々な操作はこのメインのLEDパネルで行うが、それ以外のパネルも触ることによって色が変わる。

 

Nanoleaf Canvas Smarter Kit スマートカラーLEDパネルキットの中身

そんなナノリーフを実際に設置してみた。
ナノリーフにはいくつか種類があるが、今回設置したのはこちら。

Nanoleaf Canvas Smarter Kit スマートカラーLEDパネルキット LE0085 NL29-0006SW-9PK 【日本正規代理店品】

このCanvasという種類についてはまずこちらを購入し、その上で拡張パックでさらに拡張ができる。

Nanoleaf Canvas Expansion Pack LEDパネル 拡張4枚パック LE0089 NL29-0001SW-4PK 【日本正規代理店品】

とりあえずナノリーフCanvasのパネルキットの箱はこんな感じ。

そして、中身はこちら。

具体的には下記のものが入っている。

・メイン用操作LEDパネル 1枚
・LEDパネル 8枚
・電源アダプタ 1個
・マニュアル 1冊
・Linker(リンカー) 9個
・両面テープ 7枚×4枚

 

Nanoleaf(ナノリーフ)の設置での素朴な疑問

ナノリーフの設置手順は各LEDパネルに両面テープを貼って、それをリンカーで繋げていくという比較的シンプルな感じがするが、字面で見るのと実際にやってみるのとは結構違った。

 

「両面テープはどこに貼るの?」
「壁に貼りつけるのとリンカーの接続はどっちが先?」
「リンカーは壁に貼り付けた方につけるの?これから貼り付ける方につけるの?」

など、実際に設置しないと出てこない単純だが素朴な疑問が色々あった。

 

マニュアルや動画もあるが、字幕はあるものの英語だったり、そこまで細かい部分には触れてなかったりだったので、DSRでは痒い所に手が届く説明を載せようと思う。

 

正しいかどうかはわからないが、

1、LEDパネルに両面テープを貼り、まずは一枚壁に貼り付け
2.新しく貼り付けるLEDパネルにリンカーをつける
3、リンカーで繋ぐ前に壁に貼り付かないよう注意しながら接続
4、リンカーで繋がったことを確認して壁に貼り付け
5、1~4を繰り返し、最後に電源を接続

というのが私が実施して普通に設置できた手順である。

 

それぞれに説明していこうと思う。

 

Nanoleaf(ナノリーフ)を実際に設置してみた

Nanoleaf(ナノリーフ)の設置手順1、LEDパネルに両面テープを貼り、まずは一枚壁に貼り付け

まずはメインを含めた9枚のLEDパネルに、両面テープを貼りつけていく。

LEDパネルの裏に「TAPE HERE」という文字があり、

この文字は赤枠部分にそれぞれ書かれている。

そして、各LEDパネルに貼る両面テープは3枚。
両面テープは7×4で合計28枚なので、最終的には1枚余る計算である。

定期的に設置場所を変える可能性が高い場合は、ベロの部分を外側にしたほうがということで、こんな感じで貼り付けた。

そしてまずは基点となる一枚を壁に貼り付けるが、この時に注意点がある。

普通に一列に並べたり、正方形とか長方形なら特に問題無いが、個性的に並べようと思ったらリンカーの接続口を考慮した上での貼り付けが必要である。

一応リンカーの接続口は、横から見れば判別ができる。

 

あと、両面テープに関してだが、外すのには少しコツがいる。
慣れれば大丈夫だろうが、最初の内は大変かもしれない。

 

Nanoleaf(ナノリーフ)の設置手順2.新しく貼り付けるLEDパネルにリンカーをつける

リンカーはこちら。

最初に9枚は繋がっているので、まずは取り外しが必要。
取り外し方は別に難しくはないはず。

一応、バキッと折ってしまわないようには気をつけてほしい。

 

Nanoleaf(ナノリーフ)の設置手順3、リンカーで繋ぐ前に壁に貼り付かないよう注意しながら接続

まあ、繋げるとこんな感じである。

そして、私は新しく貼り付けるLEDパネルにリンカーをつけておくことをオススメするが、やりにくければ逆でも良いと思う。

私はそれがやりにくかったので、この方法で設置してうまくいった。

 

Nanoleaf(ナノリーフ)の設置手順4、電源を点けてリンカーで繋がったことを確認して壁に貼り付け

書き忘れたが、最初の一枚を貼り付けた時点で電源を繋いでおいてほしい。
電源は、リンカーを繋ぐ場所のどこでもOK。

LEDパネルにはそれぞれリンカーを繋げる場所が4か所あるが、電源を繋ぐLEDパネルだけは3か所になってしまうのは少し注意しておきたい。

 

両面テープは結構強力なので、壁によっては外すのが大変かもしれない。
ここは少し慎重になる必要がある。

繋いだ後に電源を点けて、新しいLEDパネルにも電気が点けばしっかりと繋がっているので、壁に貼り付けよう。

 

Nanoleaf(ナノリーフ)の設置手順5、1~4を繰り返し、完成

この作業をすべてのパネルで繰り返すだけ。
最初がわかってしまえばそこまで難しくはない。

多少面倒ではあるが。。。

 

ちなみに私はこんな感じで設置した。

だからこそ、先ほどのリンカーの位置云々の話ができたというわけである。
ちなみにこれは別にオリジナルでもなんでもなく、マニュアルで提案されている並べ方。

危うく並べられないところだったが、途中で気づいてよかった。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

Nanoleafについて、下記のことをまとめてきた。

 

・唯一無二の新たな照明?Nanoleaf(ナノリーフ)
・Nanoleaf Canvas Smarter Kit スマートカラーLEDパネルキットの中身
・Nanoleaf(ナノリーフ)の設置での素朴な疑問
・Nanoleaf(ナノリーフ)を実際に設置してみた
 1、LEDパネルに両面テープを貼り、まずは一枚壁に貼り付け
 2.新しく貼り付けるLEDパネルにリンカーをつける
 3、リンカーで繋ぐ前に壁に貼り付かないよう注意しながら接続
 4、電源を点けてリンカーで繋がったことを確認して壁に貼り付け
 5、1~4を繰り返し、完成

 

個人的な感想としては、何だかテンションが上がる。
色々使い方を試してみたいし、こんな照明があったら、女子が来た時に喜ばれることは間違いないだろう。

 

キミも興味があったら手に取ってみてほしい。

 

Nanoleaf Canvas Smarter Kit スマートカラーLEDパネルキット LE0085 NL29-0006SW-9PK 【日本正規代理店品】

Nanoleaf Canvas Expansion Pack LEDパネル 拡張4枚パック LE0089 NL29-0001SW-4PK 【日本正規代理店品】

 

-デジタルガジェット, ファッション, ライフスタイル

Copyright© 男子力.jp , 2019 All Rights Reserved.