【ネタバレ】ドキドキ文芸部プラスの紹介記事が褒めまくってて大丈夫か?

  1. HOME >
  2. デジタルガジェット >

【ネタバレ】ドキドキ文芸部プラスの紹介記事が褒めまくってて大丈夫か?

”ドキドキ文芸部”
そんなタイトルを見てキミはどう思うだろうか?

文芸部で萌え萌え?
文芸部でハーレム?
ウマ娘は最高?

 

どれも当たっているようで当たっていない。

今回は「【ネタバレ】ドキドキ文芸部プラスの紹介記事が褒めまくってて大丈夫か?」と題し、日本向けに完全最適化されたドキドキ文芸部プラスをプレイした感想をまとめていこうと思う。

フリー版での日本語版。ちゃんとした会社が入った日本語対応ドキドキ文芸部プラス

当サイトではドキドキ文芸部について、フリーソフトをプレイした記事をいくつかまとめてきた。

関連記事:【閲覧注意!】Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)のドキドキが違う意味でヤバすぎる

関連記事:【完全ネタバレ】DDLC(ドキドキ文芸部)を最後までプレーしたら怖いだけのゲームじゃなかった

 

製品版では”プラス”としてニンテンドースイッチやプレイステーションでのリリースにあたり、実はホラーゲームというネタバレがあったのも良かったと思う。

とりあえずこのゲームのことを全然知らずにプレイするのはプレイ前のゲームの案内でも出てくるが、精神疾患を持っている方にいい影響は与えない。
作者はそういう人のために作ったという話はあったが、伝わっていないと難しいものもある。

 

とはいえゲームの出来は素晴らしく、完全に英語でのフリーソフトでありながらも有志の日本語変換プレイヤーが数多く現れた。
私のプレー記事はそういう皆様に支えられていた。

遅ればせながら感謝したい。

 

そして時は流れ、日本語対応になっただけでなく要素がプラスされたソフトが登場。

購入してプレイしてみた。

なんだか勢いもあってプレイしたこのゲーム。
個人的な話をすればホラー系もグロ系も耐性はない。

というかできるなら穏やかな日常系で日々過ごしたい人間である。

 

しかしギャルゲ―好きな気持ちもあって当初のゲームは何となく手を出してしまった。

グラフィックのキレイさや作りこみなどは目を見張る、それなのにフリーゲームなので手を出してしまう。
そうして安易に手を出したユーザーがどれだけ犠牲を被ったか。。。

そういう意味ではすごい。

 

プレイヤーが求めていたサイドストーリーはそこなのか?

とりあえず細かいストーリーや背景は関連記事で把握してほしい。
キミはそういうのを理解した上でここまで読んでいると仮定する。

一通りプレイした上で言いたい。

 

プレイヤーが求めていたサイドストーリーはそこなのか?

私が特殊なプレイヤーだったら大変申し訳ないし、これはあくまでも勝手な個人の意見として聞いてもらいたいが「そこじゃないだろ!」と声を大にして言いたい。

 

だがもしかすると文芸部の前日譚とか百合ストーリーを求めてる人は実は多いのかな、という感じである。

私自身モニカが干渉せずに、ナツキやユリとイチャイチャできるストーリーも面白いかなと思っている。
ユリは色々どっぷりな気もするが、ナツキはそこまでいじらなくても面白そうかな、と。

 

とはいえ多くのプレイヤーが求めているのはアナザーストーリー、もしくは後日談なのかという幻想を持っていた。
私はモニカが干渉しないストーリーや、重ねて話すがナツキとのツッコんだストーリーを見てみたいと思う。

本編前の仲良くなるソフトな感じがあるなら、それを絡めて他メンバーでも実現できた気もする。
というか本編前で仮にどんな素晴らしいストーリーがあったにせよ、本編でいい方向に進むことはないので微妙な気がするが。。。

 

色々話してはきたが、ユーザーとそれぞれのヒロインのアナザーストーリーを求めてるだろう!
というのは傲慢だろうか。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
ドキドキ文芸部プラスについてモノ申してきた。

 

各媒体でどこかの皇族のようにツッコミはないので言いたい。

ヒロインと健康的に絡ませろ!

それだけ声を大にして言いたい。

 

※過去のドキドキ文芸部の記事はこちら

関連記事:【閲覧注意!】Doki Doki Literature Club!(ドキドキ文芸部)のドキドキが違う意味でヤバすぎる

関連記事:【完全ネタバレ】DDLC(ドキドキ文芸部)を最後までプレーしたら怖いだけのゲームじゃなかった

 

ドキドキ文芸部プラス! - Switch(【Amazon.co.jp限定】オリジナルモニカデジタル壁紙(PC/スマホ)配信)

-デジタルガジェット, 雑学