口に出して言いたい「なだれとろけ製法」ギネスを持つバターステイツをガチレビュー

  1. HOME >
  2. スイーツ >

口に出して言いたい「なだれとろけ製法」ギネスを持つバターステイツをガチレビュー

なだれとろけ製法。
なんだかわからないが、凄そうな雰囲気はきっと伝わるはず。

そんな製法を生み出し、たっぷり贅沢に使ったバターのおかげである意味ギネスになったクッキーがある。
それは、BUTTER STATE's(バターステイツ)

今回は「口に出して言いたい「なだれとろけ製法」ギネスを持つバターステイツをガチレビュー」と題し、先日ギネス世界記録™にも認定されたバターステイツについてまとめていこうと思う。

広報担当も知らない門外不出の「なだれとろけ製法」究極のバターリッチクッキー

バターステイツを展開するのは「東京ばな奈」や「ねんりん家」で有名な株式会社グレープストーン。

バターを使った各種スイーツを取り扱っているが、ブランドを代表するのは「バターステイツ」クッキー
北海道バターをたっぷり練りこんだバターと、唯一無二のなだれとろけ製法が大きな特徴である。

山を思わせるビジュアルは型抜きを使わず、バターがたっぷり使われた生地を長時間焼くことでなだれとろけ、このような姿になるとのこと。

 

なだれとろける実際の様子はこんな感じ。

なだれとろけ製法については広報担当ですら詳細がわからない、門外不出の製法らしい。

 

ちなみにバターステイツの1号店がオープンしたのは2021年4月14日。
東京の西武池袋にてスタートし、現在は大丸東京の店舗のほか、お土産店やネットショップなどで購入することができる。

その他、2023年11月7日からはセブンイレブンでの取り扱いも始まっており、こちらにはなだれとろけ製法が前面に押し出されている。

さらに冒頭ギネス世界記録™にも認定されたとお伝えしたが、11月6日に正式に認定されている。
何のギネス世界記録™か。クッキーで作った最大の数字である。

味とか関係ないwと最初は思ったが、34という数字はバターステイツのバター含有量が34%にちなんでいる。
全体の3分の1以上を占める厳選されたトリプルブレンドバターは味の決め手でもあるので、まったく無関係とも言えないのかもしれない。

並べられたクッキーは3,450枚、大きさは縦3.1m、横4.5mにも及ぶ。
ちなみに並べ終わった後のクッキーは廃棄せず、すべて関係者に配られたそうだ。

オススメのバターステイツと新商品のフォンデュチーズをガチレビュー

本家とセブンのバターステイツを食べ比べ

そんなバター推しまくりのバターステイツを実際に食べた感想をお伝えしたい。

まずはバターステイツ。

セブンのとで微妙に味が違うらしく、食べ比べもかねて感想を。
中の包装も若干違う。

袋から出すとこんな感じ。

ちなみに右がセブンである。自信が無くなるくらいにビジュアルに違いは無い。
味の比較の前にまずは本家バターステイツを食べた感想だが、バター含有量34%はダテじゃない。

口に入れた瞬間バターの香りや味わいがいっぱいに広がり、食感はやわらかくほろほろとしたイメージ。
そしてトリプルブレンドバターのおかげで、バターながらも奥深さというか味わいの広がりを感じる。

 

次にセブンとコラボのクッキー。
味の違いを見つけ出すのが難しすぎる。。。

ただ、強いて挙げるなら本家のほうがよりバターの味わいの強さや深みがあったように思う。
あくまでも個人の感想ということで。

パッケージから高級感溢れる「THEフォンデュチーズ」味わいもよりリッチ

そして2023年9月29日から新登場したTHEフォンデュチーズはこちら。

何というか、箱からすでに高級感がある。
中の包装も金がメインでゴージャス。

そしてクッキーはこちら。

このなだれとろけ感はまさしくチーズフォンデュ。
チーズクリームは贅沢に2種類のチーズを重ねがけしており、最後に直火であぶることでついている焦げ目もポイントが高い。

実際に食べてみるとチーズの滑らかさやトロトロ感に驚く。
バターの豊かな風味のクッキーに濃厚やわらかなチーズが実にマッチしており、これは背徳の味わい。

ビジュアルはもちろん、口の中もリッチな気分が広がっていく。

まとめ

いかがだっただろうか。
バターステイツについてまとめてきた。

コロナを乗り越え外出も多くなってきた昨今。
手土産の候補の1つとしてバターステイツを推したい。

 

キミもぜひ一度お試しあれ。

-スイーツ