ZONeとブルーロックのコラボ缶が最高にエゴ汁ブシャー案件

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >

ZONeとブルーロックのコラボ缶が最高にエゴ汁ブシャー案件

キミは「今、最もフットボールの熱い場所」を知っているだろうか。
それは、ブルーロック。

これはマンガの中に出てくるワードではあるが、個人的にはそう言っても過言では無いと思う。・・・あくまでも、個人的には。

 

そんなブルーロックとエナジードリンクのZONe(ゾーン)とのコラボが決まり、一人勝手に浮足立っている。

今回は「ZONeとブルーロックのコラボ缶が最高にエゴ汁ブシャー案件」と題し、ZONeとブルーロックのオリジナルコラボ缶「ZONe ENERGY EGO」について実際に飲んだ感想も含めてまとめていこうと思う。

ZONe×ブルーロックアニメ=ZONe ENERGY EGO

2023年9月26日から発売されるZONe ENERGY EGO
こちらは「ZONe ENERGY(ゾーン エナジー)」とTVアニメ「ブルーロック」とのコラボ商品であり、潔世一(いさぎよいち)糸師凛(いとしりん)のキービジュアルはコラボのために描き下ろされた限定のものになっている。

ZONeについては当サイトでもいくつか記事を載せているので良かったら読んでみてほしい。

関連記事
エナジードリンクの新勢力ZONeの新味が新しいけど懐かしい

続きを見る

一応ZONeについてカンタンにお伝えすると2020年5月12日に正式発売された商品で、「ゾーン=最高のパフォーマンスを出せる状態」へのきっかけとなるエナジードリンクがコンセプト。

そしてブルーロックは、コミック累計発行部数2,800万部(2023年8月時点)の大人気マンガ。

無名の高校生FWである主人公 潔 世一を始めとするメンバーが、W杯優勝のために設立された「今、最もフットボールの熱い場所=“青い監獄(ブルーロック)”」でのサバイバルに挑む熱いすぎるサッカーマンガである。

2022年10月はTVアニメが放送され、第2期の放送も決定するなどこちらも人気を博している。

個人的に好きな作品であり、マンガは最新刊まで追いかけているもののアニメは未履修なのでこれからチェックしたい。

ちなみに推しは蜂楽廻(ばちらめぐる)。

今回のコラボではブルーロックの中でキーワードの「エゴイスト」や、ブルーロック創設者の絵心甚八(えごじんぱち)などを表現した「EGO」が商品名となっている。

余談だがブルーロックの中ではゾーンという言葉は使われておらず、「FLOW(フロー)」として表現されている。

ZONe ENERGY EGOを一足先に飲んでガチレビュー

先日サンプルをいただいたので、実際に飲んだ感想をお伝えできればと思う。

ちなみに3種類あるかのように並べているが、ロゴマークはそれぞれの裏面に同じくデザインされている。

そしてグラスに注ぐとこんな感じ。

エナドリをグラスに注ぐパターンも多くないかもしれないが、紫色である。
そして飲んだ感想としては、いつか飲んだファンタグレープの炭酸強め。

というのも私のファンタグレープの記憶はかなり昔で止まっているので、今現在のファンタグレープとは違う可能性が高い。

ともあれおっさんにとっては結構甘めに感じられ、味わいや香りはわかりやすいグレープ味である。

 

エナドリを飲みたい時は疲れていたりゾーンに入りたい場面であり、甘いものを欲している場面でもあるので、そういう意味ではぴったりの味わいなのかもしれない。

まとめ

いかがだっただろうか。
ZONeとブルーロックのコラボ缶についてまとめてきた。

こちらのZONe ENERGY EGOは2023年9月26日発売。

 

キミもぜひ一度お試しあれ。

ブルーロック関連商品はコチラ

 

-ライフスタイル, 健康