【グラドルの次は女優?】トウキョウギンザサケカップバーで小粋に楽しむ

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >

【グラドルの次は女優?】トウキョウギンザサケカップバーで小粋に楽しむ

以前に当サイトでグラドルと飲める居酒屋として、週プレ酒場をご紹介した。

関連記事
【グラドル席も良いけど】週プレ酒場のスタッフが可愛くて酒も料理も進みすぎる!

続きを見る

しかし惜しまれつつも閉店してしまった現在、次なるアプローチを試みるお店を先日知ったので、とりあえずお邪魔してみた。

 

それは、バー×女優。
店員はすべて女優であり、立ち飲みで女優さんと話をしながら飲むことができる「トウキョウ ギンザ サケカップバー」。

今回は「【グラドルの次は女優?】トウキョウギンザサケカップバーで小粋に楽しむ」と題し、トウキョウ ギンザ サケカップバーについてまとめていこうと思う。

トウキョウ ギンザ サケカップバー (TOKYO GINZA SAKE CUP BAR)とは?

お店を運営するのは、芸能プロダクションである「合同会社IxC-イクシー」。
「若い役者の卵たちが安定して収入を得られるため」にオープンしたこの店の店員は、イクシーの関連事務所の女優たちが務めている。

居酒屋の店員としてトークも鍛えられるし、ファンをつかむきっかけにもなる。
そして重要なのは、大事な仕事が入った時に休めること。

 

私は何となく、茜さやさんのアイドルリゾートを思い出した。

関連記事
茜さやさんに一年振りにインタビューしたらもう次のステージに進んでた

続きを見る

 

今後、こういう店はもっと増えていくのかもしれない。

 

日中は立ちそばの小粋そば。夜はトウキョウ ギンザ サケカップバー

ちなみにこちらのお店は、日中は都内近郊に数店舗を構える立ち食いそばの老舗である「小粋そば」。
夜にお邪魔しても、その名残を見ることができる。

シャッターの後ろに、ほんのりそばのメニューがあるのがわかるだろうか。

ただ、まだまだ立ち飲みの認知は高いとは言えない。
私がお邪魔した時も、そば屋だと思って入ってきたおじさまが、ガッカリして何も食べずに出ていった。

とはいえ、オープン当初は出していなかったそうだが、現在はそばを出している。

しかもその時に「今後はそばを使った他のメニューも考えている」と、店長で女優の野々宮彩さんは話していた。

ただ、価格はさすが立ち飲み。

 

銀座でワンコインでビールが飲めるお店はそこまで多くないと思う。

 

目移りするほどにたくさんある日本各地のカップ日本酒たち

カップ酒というと、私はとりあえずワンカップをイメージする。

しかし実際には様々なカップ酒があることを初めて知った。

カップ酒は銘柄によって値段が違い、500円のものや800円のものもある。

800円は高いと思うかもしれないが、一般的なカップ酒の量は200ml。
1合が大体180mlなので、それよりも多い量を800円で飲めるならそんなに高くないんじゃないだろうか。

お酒は仕入れによって種類が変わるので、何度店を訪れても楽しいと思う。

 

自分の好きな銘柄やお酒の産地で選ぶのも良いし、どうしても決めきれないならこんな本もある。

しかし、せっかくなので女優である店員さんに色々聞いてみるのもいいだろう。
私は店長の野々宮さんと話をしたが、本当にお酒好きなのが伝わってきた。

知識もすごいし、エピソードもなかなか豪快。
実際に色々聞いてみると楽しいと思う。

 

タイガースのカップ酒まで?色んな日本酒を飲んできた。

目移りして仕方ないが、いくつかのお酒を堪能してきた。

サケカップバーではあるが、まずはビール。

やはり、安定してうまい。
そしてこちらは限定入荷だという春鹿ときめき。

珍しい発泡日本酒である。
甘くて非常に飲みやすかった。

それ以外にも日本酒は店員さんのオススメをグビり。

あとは面白いカップ酒として、こんなものも。

らんま1/2のお酒である。

どうして主人公らんまの父親である玄馬の、しかも水をかぶってパンダに変身したイラストなのかはわからないが、カップの色んなところに描かれているので、色んな角度から見ると面白い。

まあ、味は普通だった。

さらに、インパクトがあったのはこちら。

でかでかとタイガースのロゴがデザインされたカップ酒である。
ちょうどこんなコップが一緒にあったので並べて撮ってみた。

阪神ファンには御用達なんだろうか。
とりあえず私は初めてみた。

飲んで応援すればテンションは上がるだろうが、日本酒なので上がりすぎて危ないかもしれない。

 

ともあれ、これでも一部ですらないくらいたくさんのカップ酒があった。
なんというか、コレクター欲が満たされるし、目移りするがそれが楽しい。

 

最後にそばでしめるのが江戸っ子

そば屋として営業しているのはの日中ではあるが、現在はそばをいただけるのでやはり最後はそばでしめることをオススメする。

江戸っ子はサクッと食べて飲んで、最後はそばでしめたというので、その粋な振る舞いを現代にも引き継いでいくべきかと。
小粋そばなので。

 

しかもこちらのそばは何と300円。
小粋そばで出しているのと同じそばなので、実に美味しい。

さらにそばはラーメンやうどんと比べて健康効果も期待できるし、罪悪感も薄めだと思う。

 

あったかいつゆが何ともしみる。
冷たいそばもあるが、あったかい汁が楽しめる温かいそばをオススメしたい。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

トウキョウ ギンザ サケカップバーについて、下記のことをまとめてきた。

 

・トウキョウ ギンザ サケカップバー (TOKYO GINZA SAKE CUP BAR)とは?
・日中は立ちそばの小粋そば。夜はトウキョウ ギンザ サケカップバー
・目移りするほどにたくさんある日本各地のカップ日本酒たち
・タイガースのカップ酒まで?色んな日本酒を飲んできた。
・最後にそばでしめるのが江戸っ子

 

銀座レンガ通り沿いにあるこのお店。
気軽に行って、気軽に飲んで帰れるし、お財布にも優しい。

一度は行ってみることをオススメする。
地図は小粋そばだが、場所は同じ。

 

トウキョウ ギンザ サケカップバーとしての営業は、17:00~23:30となっている。

-ライフスタイル,

Copyright© 男子力.jp , 2020 All Rights Reserved.