【まさかのコラボ】フリトレー×カルビーでドラゴンポテトにあの味爆誕

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >

【まさかのコラボ】フリトレー×カルビーでドラゴンポテトにあの味爆誕

今までに様々なコラボを実施し、話題を振りまいてきたフリトレー。

関連記事
ドリトスとチートスのスパイダーマンコラボを全種類食べ比べてみた

アベンジャーズ最終章の興奮冷めやらぬ中、6月28日にスパイダーマンの最新映画が公開される。 それを記念し、日本を含めて世界で人気のドリトスとチートスがコラボをすることになった。 既存の3種類の味に加え ...

関連記事
肉厚チップス モモ一本グローブ揚げ味はアルコールに合いすぎる!

ハイボールに唐揚げはもはや定番の組み合わせ。 しかし、唐揚げに近いもので新しい世界が見えるかもしれない。 その可能性を感じさせてくれるのは。「肉厚チップス モモ一本グローブ揚げ味」。   勢 ...

今度のターゲットは、何とスナック界の帝王カルビーである。

 

ポテトチップスでは大定番のあの味が、ドラゴンポテトとコラボすることで一体どうなるのか。

今回は「【まさかのコラボ】フリトレー×カルビーでドラゴンポテトにあの味爆誕」と題し、フリトレーとカルビーのコラボで生まれたドラゴンポテトの新商品についてまとめていこうと思う。

まさかのプロレスから爆誕した、ドラゴンポテト衝撃の新?味

新人プロレスラーがデビューも、“ポテトスナック代理戦争”が勃発

フリトレーとカルビーによるコラボの新商品は、大々的なデビューを飾ることになった。

カンタンに経緯をまとめると、2019年7月2日にプロレス団体DDTの協力のもと、ジャパンフリトレー・カルビーの両社から新人プロレスラーである「ドラゴンポテトマスク」と「キングポテトチップス」がデビュー。

熱く意気込みを語るキングポテトチップスに対し、台本棒読みのドラゴンポテトマスク。

 

キングポテトチップスがその態度に激怒し、“ポテトスナック代理戦争”が勃発。
そして7月21日に後楽園ホールにて、ドラゴンポテトマスクとキングポテトチップスそれぞれが率いる4対4のタッグマッチの初戦がスタート。

初戦はキングポテトチップスチームが勝利したが、結果に納得のいかないドラゴンポテトマスクチームの1人が、ポテトスナックを批判し、仲間割れが勃発。

 

キングポテトチップスが仲裁に入るも収まらず、ポテトスナック派VSグミ・チョコ派に分かれた再試合が決定したという流れ。

 

ポテトスナック派VSグミ・チョコ派の試合を観戦してきた

そんなわけで再試合が2019年8月25日に開催されるというので実際に観戦してきた。

舞台は、「DDTプロレスリング 夏休みの思い出 2019」

個人的に、後楽園ホールでのプロレス観戦は人生初なので興奮した。

取材ということもあり、席もかなり良かったように思う。

あとは、結構女性客が多かったのが印象的だった。

肝心の試合は、なかなか破天荒な内容だった。

グミ・チョコ派は、セコンドとして立ち会っていたジャパンフリトレー社員を人質に取るなど、やりたい放題。
最終的にはドラゴンポテトマスクの必殺技ドラゴンポテトスリーパーが決まり、ポテトスナック派が勝利。

試合終了後には勝利したポテトスナックチームに”ドラゴンポテト1年分がプレゼントされた。

そして、ポテトスナック同士で力を合わせて戦ったことから、ドラゴンポテトとポテトチップスのコラボレーションが決定したというわけである。

 

フリトレー×カルビー「ドラゴンポテト」コンソメWパンチ味とうすしお味が爆誕

そんなわけでコラボ商品として、「ドラゴンポテト コンソメWパンチ」と「ドラゴンポテト うすしお味」が誕生した。
「ドラゴンポテト コンソメWパンチ」は2019年9月30日(月)より全国のコンビニエンスストアにて限定発売。

「ドラゴンポテト うすしお味」は2019年10月14日(月)より全国のコンビニエンスストアで先行発売され、それ以外では28日から発売スタートとのこと。

 

本家ポテトチップスとドラゴンポテトのコンソメWパンチを食べ比べてみた。

今回コンソメWパンチの試供品をいただいたので、本家ポテトチップスとドラゴンポテトのコンソメWパンチの食べ比べを敢行した。

パッケージを並べるとこんな感じ。

若干ドラゴンポテトのほうが色が薄い気がするが、パッケージはかなり似ている。
ただ、パッケージの裏面は全然違う。

 

ポテトチップスのコンソメWパンチを食べた感想。

何と言うか、安心感がある。
カルビーのポテトチップスと言えば、本当に幼少期から慣れ親しんだ味わい。

Wパンチな分コンソメの強さはあるが、パクパク食べたくなる。

 

ドラゴンポテトのコンソメWパンチを食べた感想。

確かに、コンソメパンチ味である。まごうことなく。
ただ、スナックの形状が違うと味わいも全然違う。

ポテトチップスは平面なので、全体的にまんべんなくコンソメパンチのパウダーがまぶされているが、ドラゴンポテトはトルネード型というか、特殊な形状なのでパウダーのまぶされ方にムラがある。

 

だが、それが良い。
味が濃すぎないので、これまたパクパク食べたくなる。

ただ、キミが濃い味好きなら少し物足りなさも感じるかもしれない。

 

甲乙つけがたいが、個人的にはドラゴンポテトのほうが食感も新鮮でおいしく感じた。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

フリトレーとカルビーのコラボについて、下記のことをまとめてきた。

 

・まさかのプロレスから爆誕した、ドラゴンポテト衝撃の新?味
 新人プロレスラーがデビューも、“ポテトスナック代理戦争”が勃発
 ポテトスナック派VSグミ・チョコ派の試合を観戦してきた
 フリトレー×カルビー「ドラゴンポテト」コンソメWパンチ味とうすしお味が爆誕
・本家ポテトチップスとドラゴンポテトのコンソメWパンチを食べ比べてみた。
 ポテトチップスのコンソメWパンチを食べた感想。
 ドラゴンポテトのコンソメWパンチを食べた感想。

 

コンソメWパンチは根強い人気を誇るロングセラー商品。
ただ、ポテトチップス以外にその味を使うのはある意味新鮮とも言える。

キミも一度試してみてほしい。

-ライフスタイル, 雑学

Copyright© 男子力.jp , 2019 All Rights Reserved.