男子力.jp

男子力.jp~男を磨いて力を高めろ!~

https://danshiryoku.jp

スポンサードリンク

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)が完全に海の家を超えてて、逗子の海水浴で必ず行くべき!

更新日:

目前に迫った夏。
夏と言えば海。

海と言えば海の家。

 

海の家というと焼きそばとかラーメンとか、そんなイメージが強いんじゃないだろうか。
というか、私はそうだ。

しかしそういう海の家とは一線を画した海の家が、2018年にはオープンしている。
それが、YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)

 

運営しているのがウエディング関連で有名な会社というだけあり、一般的な海の家とはかなり雰囲気が違う。

今回は「YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)が完全に海の家を超えてて、逗子の海水浴で必ず行くべき!」と題し、YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)についてや、オススメのフード、ドリンクなどをご紹介していこうと思う。

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)とは?

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)は、ウェディングやレストランの運営を手掛ける、株式会社ノバレーゼがオープンした海の家である。

オープン期間は6月29日(金)~9月2日(日)まで。
営業時間は10:00~20:00となっているが、これは天候などによって多少クローズが早まる可能性もあるそうだ。

 

座席は4人掛けの席が5つと、カウンターが12席である。

海の家のテーマは「プチ・リュクス感」
プチ・リュクスというのは「ちょっとした贅沢/特別感」という意味だそうで、お店の雰囲気や提供される食事にもそういう雰囲気が表れている。

 

余談だが、この海の家のオーナーは入社2年目の女性社員。
社内公募で企画をプレゼンし、見事その企画が通ったそうだ。

店内やメニューには女性らしさ、そして若々しさが溢れているように思う。
こう言うと、本当におっさん臭いが。。。

 

逗子海岸という立地について

 

逗子海岸はピーク時には30万人の観光客が訪れるという、神奈川でも指折りの観光名所である。
お隣の駅が鎌倉であり、鎌倉ほどではないにしろ、賑わっている。

ただ鎌倉とは観光客の多さとは別に、決定的な違いがあるんだとか。

 

それは、客層。
逗子海岸に訪れるのは、圧倒的に女性と家族連れが多いそうだ。

そのため比較的安心して遊べる環境にあると言える。

 

キミが彼女や気になる人を連れて行ったとしても、きっと落ち着いて楽しむことができるはず。
ナンパとかができるのかどうかは、申し訳ないがわからない。

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のフードとドリンクが海の家とは思えないプチ・リュクス感

ここからはオススメのフードやドリンクについてお伝えしようと思う。
どれも、プチ・リュクス感のあるメニューである。

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメフード1:ホワイトカレーライス 900円

 

まず、個人的に一番オススメしたいフードは、こちらのホワイトカレーライス
ライス、キーマカレー、ホワイトソース、温泉玉子という4層構造のカレーである。

 

温玉を割るとこんな感じ。

 

今見ても、食欲をそそられ過ぎる。
実際食べてみると、本当に色んな食感や味が楽しめる。

そしてホワイトソースの中にはチーズも入っており、伸びるチーズがまたなんとも魅惑的だった。

 

というかこれで900円なら安いんじゃないかと。
量から考えても、十分に満足のいくものだった。

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメフード2:焼きたてカラフルピザ 700円

カレーで思いの外満腹になってしまったので、他のフードをいただくことができなかった。
なので他のフードは宣材写真にて失礼をば。

これはもう写真を見て一目瞭然。実にインスタ映えしそうである。

 

このメニューに限らず、基本的にインスタ映えを意識したものが多いらしい。
だが、ただ単に見た目が良いだけじゃなく、味もしっかりしている。

モッツァレラチーズ、ゴーダ―チーズ、グリエールチーズ、パルミジャーノチーズという4種類のチーズを使ったクリームソースが塗られており、彩り豊かな野菜も食感や風味を意識したものになっている。

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメフード3:パクチージェノベーゼ 800円

 

これまた、多分女子ウケは良いと思う。
私はパクチーが苦手なので、そもそも選択肢に入ってはこなかった。

ほうれん草とパルメザンチーズを加えてまろやかな仕上がりになっているそうだ。

 

そして+200円で追いパクチーもできる。
キミがパクチー好きなら挑戦してみてほしい。

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメドリンク1:レ・レ・レ・レモンサワー 700円

 

そして、ここからはドリンク。というか、アルコールである。
まずは昨今にわかにブームになっているレモンサワー。

ヨロパシフィックではレモンサワーをかなり推しており、レモンサワーだけで6種類もある。

 

そんな中でまずは一番スタンダードとも言える、レ・レ・レ・レモンサワーを飲んでもらいたい。
ちなみに一般的にレモンサワーと言えば焼酎を使うが、ここのレモンサワーは何とウォッカを使っているそうだ。

そのためよりクセがなく、万人が楽しめる味になっている。

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメドリンク2:フリージングハイボール 700円

 

比較的新しいフリージングハイボール。
エクストラコールドを追うように登場した印象である。

 

その目新しさや、単純に美味しいからというのもオススメする理由だが、逗子界隈で他にフリージングハイボールを出しているお店は他にないそうだ。

そういう意味でもぜひ飲んでみてほしい。

 

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメドリンク3:ペローニ ナストロアズーロ 700円

 

こちらもレアという意味でオススメしたい。
というか私も比較的様々なビールを飲んでいるほうだが、こちらは初めて見た。

イタリアのビールらしいが、実際そこまでメジャーではなく、置いている店も少ないんだとか。

 

味はスッキリとしていて飲みやすい。
どんな料理にも無難に合うんじゃないだろうか。

ビンで直接飲むも良し、グラスに注いで飲むも良し。

グビグビといきたい。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)について、下記のことをまとめてきた。

 

・YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)とは?
・逗子海岸という立地について
・YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメフード
・YOLO PACIFIC(ヨロパシフィック)のオススメドリンク

 

暑い夏。
海で開放的な気分になって遊び、その後はヨロパシフィックでフードやドリンクを堪能するのはどうだろうか。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, 恋と愛, 男子飯,

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.