「メタクエスト 3」発売記念イベントで存分に未来を感じてきた

  1. HOME >
  2. デジタルガジェット >

「メタクエスト 3」発売記念イベントで存分に未来を感じてきた

大きなモニターやプロジェクターはいらないかもしれない。
メタクエスト3のイベントに参加しながら、個人的にそんなことを思った。

VRからMRへと進化したメタクエスト3。

今回は「「メタクエスト 3」発売記念イベントで存分に未来を感じてきた」と題し、発売記念イベントに参加して感じたメタクエスト3の魅力についてまとめていこうと思う。

複合現実(MR)ヘッドセット「メタクエスト 3」のパワーアップした点は?

2022年10月10日から販売開始されたメタクエスト3。

メタが仮想現実(VR)のヘッドセットを2016年に販売し、2020年には前身のメタクエスト2が登場。そこから3年の時を経て、メタクエスト3が販売となった。

 

メタクエスト2からパワーアップした点として、細かい部分を挙げれば「パススルーの解像度が10倍」「解像度が30%アップ」「40%薄くなった」などがあるが、一番の大きな違いは仮想現実(VR)ではなく複合現実(MR)になったということ。

MRのヘッドセット自体は2022年にメタクエストプロとして販売しているが、マスマーケット向けに再構築したのがメタクエスト3になっている。

メタクエスト3では現実の景色や人物などをキレイに撮りこむことができ、その中に仮想の映像を入れこむことができる。

写真では伝わりづらいかもしれないが、個人的にはメタクエスト3の映像のキレイさに衝撃を受けた。

しかも現実とバーチャルを手軽に切り替えられるとのこと。

境目がわからなくなってしまいそうである。

野田クリスタルとゆりやんレトリィバアがメタクエスト3を体験して絶叫

そんなメタクエスト3の発売記念イベントに野田クリスタルさんとゆりやんレトリィバアさんが登場された。

野田クリスタルさん

ゆりやんレトリィバアさん

そして発売記念イベントの場で、お2人は実際にメタクエスト3を体験。

まず野田さんはゾンビを倒すゲームに挑戦された。
最初現実のゆりやんさんをゾンビに見立てて打つというヒトボケをかました後、実際にゲームをプレイ。

色々なところから襲ってくるゾンビに右往左往しながら大絶叫。

後半はひたすら叫びながら銃を乱射したがあえなく途中でゲームオーバー。
「(今が)どっちかわかんないです」とクオリティを絶賛していた。

その模様はこちら。

次にゆりやんさんはセガの人気音楽ゲーム、サンバでアミーゴをプレイ。

さすがのキレキレっぷりを見せていた。

ゆりやんさんのキレキレダンスはこちら。

まとめ

いかがだっただろうか。
メタクエスト3についてまとめてきた。

決して安いものではないが、個人的に複合現実に心を奪われてしまった。

 

そしてもはや時代はVRではなくMR。
さらなる可能性を感じて夢が広がる。

キミもぜひ一度お試しあれ。

Meta Quest 3 128GB

-デジタルガジェット, ライフスタイル