味も値段もスペシャリテ!ノワゼットショコラを一足先に食べてみた

  1. HOME >
  2. ライフスタイル >

味も値段もスペシャリテ!ノワゼットショコラを一足先に食べてみた

そろそろ一年も締めくくり。
頑張ってきた自分に、ご褒美をあげたい気分にもなるだろう。

そんな時に、格別なご褒美になりそうなアイスがハーゲンダッツから期間限定で発売される。

 

それは、ノワゼットショコラ。

Spécialité(スペシャリテ)の名のとおり、素材はもちろんのこと、銀粉まで使われた豪華な4層構造で、特別感を演出してくれる創作アイスになっている。

 

今回は「味も値段もスペシャリテ!ノワゼットショコラを一足先に食べてみた」と題し、ハーゲンダッツのノワゼットショコラがどんなものなのか、実際に食べてみた感想などをまとめていこうと思う。

期間限定販売。ハーゲンダッツのSpécialité(スペシャリテ)「ノワゼットショコラ」とは?

まずは、ノワゼットショコラがどんなものなのかについて。
そもそもの話、ノワゼットというのは「ヘーゼルナッツ」を意味するフランス語。

一般的にはアマンドショコラがアーモンドのチョコレートがけで、ノワゼットショコラはヘーゼルナッツのチョコレートがけである。

 

しかしそれだけにとどまらず、このようなノワゼットショコラもある。

そんなわけでハーゲンダッツもSpécialité(スペシャリテ)の名がつく通り、かなりの工夫がされている。

 

贅沢な4層構造。特別な時に食べたい冬を彩るご褒美アイス

ハーゲンダッツのノワゼットショコラは、4層構造になっている。

アイスクリームだけでも、ノワゼット(ヘーゼルナッツ)アイスクリームとショコラアイスクリームの2層。

ヘーゼルナッツは”ギレスンクオリティー”という、トルコ産の中でも希少なものを使用しているというこだわりはもちろん、ショコラアイスクリームも一筋縄ではいかない。

 

ヘーゼルナッツと好相性なベルギー産チョコに、グランマルニエというフランス産のオレンジリキュールも使われている。

そこに、フィアンティーヌというサクサクとした軽い食感の薄焼き菓子を混ぜたビターコーティングと、上面にはキャラメルソースと銀粉。

 

これぞ、スペシャリテという感じがする。

 

ハーゲンダッツのノワゼットショコラは、2019年11月12日から、全国のコンビニエンスストアで発売される。
価格は何と450円(税抜)

通常のハーゲンダッツも決して安くはないが、そこから考えても倍近い値段である。

 

ハーゲンダッツのノワゼットショコラを実際に食べてみた感想

講釈はこのくらいにして、実際にアイスを食べてみた。

食べる前にパッケージからとりあえず高級感があり、フタはダイヤカットのようなこんな感じ。

そのフタを開けるとこんな内蓋が。

あまり気づいてなかったが、内蓋に若干銀箔が付いている気がしないでもない。

そして、内蓋を開けたらこんな感じ。

キャラメルソースのトロっと感がすでに感じられる。
ただ、内蓋のことを考えると、輸送環境に問題があったと考えられなくもないが。。。

まあ、事前試食なのでご愛敬。

 

せっかく4層だというので、できる限り全部をすくってみた。

ショコラアイス部分があいまいになってしまったが、4層になっている。
食べてみると、まずはヘーゼルナッツの味や香りが広がる。

そしてビターコーティングはその名のとおり、結構なビター感だった。

 

あとはショコラアイス部分は、かなりグランマルニエが効いている。
総合すると、高級スイーツとして完成していた。

甘すぎず、複雑な味わい。

 

一食する価値がある。

 

ハーゲンダッツのノワゼットショコラに関する口コミや評判

 

まとめ

いかがだっただろうか。

ハーゲンダッツのノワゼットショコラについて、下記のことをまとめてきた。

 

・期間限定販売。ハーゲンダッツのSpécialité(スペシャリテ)「ノワゼットショコラ」とは?
・贅沢な4層構造。特別な時に食べたい冬を彩るご褒美アイス
・ハーゲンダッツのノワゼットショコラを実際に食べてみた感想
・ハーゲンダッツのノワゼットショコラに関する口コミや評判

 

年に一度の特別な味わい。
ぜひキミにも堪能してほしい。

-ライフスタイル, 男子飯

Copyright© 男子力.jp , 2019 All Rights Reserved.