"簡単・楽チン・激ウマ"なちょい足しいちごレシピに素人のおっさんが挑戦

  1. HOME >
  2. 甘いもの >

"簡単・楽チン・激ウマ"なちょい足しいちごレシピに素人のおっさんが挑戦

キミはスイーツを作るだろうか?
作ったことはあるだろうか?

私は、無い。

 

そのことに対して特に危機感は持っていなかったが、たまたま機会があったのでチャレンジしてみることにした。
それは西友の”ちょい足しいちご”プロジェクト。

今回は「"簡単・楽チン・激ウマ"なちょい足しいちごレシピに素人のおっさんが挑戦」と題し、スイーツとおっさんの激闘の記録をまとめていこうと思う。

いちご×西友のみなさまのお墨付き“ちょい足しいちご”プロジェクト

2022年に10周年を迎える西友のプライベートブランド「みなさまのお墨付き」。
ちなみにこちらのブランド名はダテでは無い。

一般消費者が参加する消費者テストで支持率80%以上をクリアして商品化というのがブランド名の所以。

しかも商品化する前だけでなく発売後も定期的に再テストを実施しており、支持率80%を切ると改良もしくは販売終了してしまうという徹底っぷり。

 

そんなみなさまのお墨付きの10周年を記念し、有名料理研究家が考案した「いちごをチョイ足しすることで手軽に映えるスイーツが作れるレシピ」が合計12品公開された。

こちらは以前に”ちょい足し野菜プロジェクト”という企画が好評だったのを受け、そちらのいわばスイーツ篇としてスタート。

 

公開されたレシピは下記の12品。

・レンジで濃厚いちごブラウニー
・簡単いちごのコーティングチョコ
・いちごチョコケーキ
・バウムクーヘンのショートケーキ
・イチゴとバウムクーヘンのパフェ
・ふわとろフレンチバウムのいちごソース
・いちごのビスケットケーキ
・紅茶香るいちごのバターサンド
・練乳いちごのヘルシーアイスサンド
・いちごのヨーグルトバーク
・美味しいものたくさん!さわやかアイスケーキ

使われている「みなさまのお墨付き」も様々で、バリエーションも豊富である。
そしてこのキャンペーンに際し、先日PR会社から大量のみなさまのお墨付きお菓子が送られてきた。

今までにスイーツを自分で作ったことなんか無いおっさんだが、報道資料に「今までデザートを作る機会ない人がチャレンジするのにもぴったりな内容」とあり、せっかくなので挑戦してみることに。

 

西友のちょい足しいちご×おっさんのてならい「いちごのヨーグルトバーク」

そんなこんなで最初に挑戦したのはいちごのヨーグルトバーク。

こちらは砂糖控えめのさっぱりスイーツである。

材料はこちら。

<材料(2人前)>
・みなさまのお墨付き マヌカ蜂蜜でつつんだアーモンド 1袋
・いちご 3個
・ヨーグルト(無糖) 170g

 

材料がこれだけなのは助かる。
そして作り方はこちら。

<作り方>
1. 「マヌカ蜂蜜でつつんだアーモンド」 を、6~7粒取り出してとっておき、残りは袋の上からたたいて粗くくだく。
2. いちごは縦半分に切る。
3. ボウルにヨーグルト、1で砕いたアーモンドを入れて混ぜ合わせたら、平たいバットなどに入れる。2と残りのアーモンドをのせ、冷凍庫で3時間ほど冷やし固める。

 

作業工程もそこまで難しくなさそうなので、最初に作るのはうってつけだと思った。
実際作ってみてもそこまで苦労はしていないが、強いて言えば最初のアーモンドを砕く作業が一番手間取った。

マヌカ蜂蜜で包まれているので通常のナッツよりおそらく硬いし、商品の袋に入れたままだと当然ながら中が見えないため、粗いのかどうかが触った感じでしかわからない。

 

そんな苦戦も含めて動画にまとめたので、良かったら見てみてほしい。

 

西友のちょい足しいちご×おっさんのてならい「紅茶香るいちごのバターサンド」

次に作ったのは紅茶香るいちごのバターサンド。
こちらは「食感も楽しめる!紅茶と相性抜群なバターサンド」とのこと。

材料はこちら。

<材料(2人前)>
ザクザク食感の紅茶ビスケット 38g
いちご 4個(30g程度)
無塩バター 30g
粉糖 20g

 

ヨーグルトバークに比べれば多いが、それでもまだ全然である。
そして作り方はこちら。

 

<作り方>
1. 練って柔らかくしたバターに粉糖を加え、白っぽくなるまで泡立てる。
2. 5mm角に切ったいちごを1に加え、ゴムベラで混ぜる。
3. スプーンなどで「ザクザク食感の紅茶ビスケット」に挟めば完成。

 

ヨーグルトバークと比べると、だいぶお菓子作りっぽい工程が入っている。
個人的にかなりのチャレンジで、このためにゴムベラや泡立て器などをわざわざ購入した。

まあ、100均だが。

 

こちらに関しては全工程でまんべんなく苦戦している。
まずバターはレンチンで柔らかくしたが、最初は時間が足りなかったため全然泡立たなかった。

再度温めて何となく泡立った気はするが、レシピには過程の写真が無いので素人にはなかなか難しい。

 

いちごを5mm角に切るのも難しかった。
5mm角となるといちごじゃなくても難しいだろうが、いちごは曲線なのでなおのこと難しい。

あとはビスケットに挟む工程も地味に苦戦した。
詳しくは動画で。

 

西友のちょい足しいちご×おっさんのてならい「いちごの生どらやき」

最後はいちごの生どらやき。
「小さくてかわいいまるでケーキのような洋風どらやき」とのこと。

材料はこちら。

<材料(2人前)>
・みなさまのお墨付き 2種のミニどらやき 4個
・いちご 2個
・ホイップクリーム 40g
・粉糖 適量

 

レシピを見た当初はホイップクリームにとんでもないハードルを感じたが、世の中には泡立て済みのホイップクリームという便利なものが存在することを知った。

そして作り方はこちら。

<作り方>
1.お好きな「2種のミニどらやき」4つの上の皮をはがしたら、ホイップクリームを約10gずつ絞り、上の皮を戻す。
2.どらやきの断面に半切りにしたいちごを添え、お好みで上から粉糖をふる。

 

ホイップクリームのハードルが無くなれば、一番カンタンなレシピだと思った。
しかし私は意外なところで苦戦したり失敗している。

その模様は動画で。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
西友のちょい足しいちごレシピに挑戦した模様を主に動画でまとめてきた。

挑戦したレシピは下記3つ。

 

・いちごのヨーグルトバーク
・紅茶香るいちごのバターサンド
・いちごの生どらやき

 

キミも良かったらチャレンジしてみてほしい。

-甘いもの