サッポロとキリンの個性派クラフトビール3種を飲み比べてみた。

更新日:

https://danshiryoku.jp

日本でも広がり続けるクラフトビール市場。
その躍進は、大手のビールメーカーが関わっていることも影響していることはこちらの記事にまとめた。

関連記事
【数量限定】ブルックリンブルワリーのブルックリン サマーエールで夏満喫!

夏はビールが美味しい季節。 冬も美味いが、やはり夏は格別に感じる。 そんな夏の新しい選択肢として、キリンからブルックリン サマーエールという季節限定商品が発売される。 今回は「【数量限定】ブルックリン ...

 

そんな大手の一つであるサッポロとキリンのクラフトビールの中でも、個性派の3種がある。

今回は「サッポロとキリンの個性派クラフトビール3種を飲み比べてみた。」と題し、サッポロとキリンの3種類の個性派クラフトビールについて、それを飲んでみた感想などをまとめていこうと思う。

世界で認められた伝説のホップ100%「Innovative Brewer SORACHI1984」

「Innovative Brewer SORACHI1984」とは?

サッポロのクラフト事業である、「Innovative Brewer」ブランドにおけるフラッグシップ商品となっているこちらのビール。

特長は、「ソラチエース」というホップ100%でできていること。

 

1984年、北海道空知郡上富良野町にあるサッポロのバイオ研究開発部で開発されたフレーバーホップが、この「ソラチエース」。

フレーバーホップというのは、ホップの品種の中でも個性的な香りを持つホップのことらしい。

 

ただ、開発当時は斬新すぎる特長が日本では受け入れられなかったそうで、1994年に海を渡ってアメリカへ。

約30年もの年月をかけた末に、世界中のブリュワーから認められ、重宝されるホップへと成長した。
そんな、「世界に認められたソラチエース」を贅沢に使ったのがこちらのビールというわけである。

 

「Innovative Brewer SORACHI1984」を飲んだ感想

さすがは世界に認められたホップということで、非常に華やかな味だった。
香りはさわやかで、アルコールも5.5%のため、味わいもしっかりしている。

世界中で重宝される理由もわかる気がした。

 

希少ホップを使った「グランドキリン セッション IPA ギャラクシーホップ」

「グランドキリン セッション IPA ギャラクシーホップ」とは?

こちらはギャラクシーホップという何だかカッコイイ名前だが、別に宇宙とかは関係なくギャラクシーホップという希少なホップが存在し、それを使ったIPAである。

IPAは「Indian Pale Ale(インディアンペールエール)」の略。
以前にブルックリンサマーエールの記事でペールエールについて少し書いたが、それの発展版のようなもので、豊かなホップの香りと苦みが特長になっている。

関連記事
【数量限定】ブルックリンブルワリーのブルックリン サマーエールで夏満喫!

夏はビールが美味しい季節。 冬も美味いが、やはり夏は格別に感じる。 そんな夏の新しい選択肢として、キリンからブルックリン サマーエールという季節限定商品が発売される。 今回は「【数量限定】ブルックリン ...

 

ものによっては本当に苦いIPAもあるし、どちらかと言えばアルコールが強いものも多いが、ギャラクシーホップは苦みもアルコールも抑えめになっている。

そもそもIPAの香りや苦みの強さは、防腐剤としても機能するホップを大量に投入した結果生まれた。

 

インドがイギリスの植民地だった時代、インドに居るイギリス人にペールエールを送る際、船での輸送中にいたんでしまわないための苦肉の策だったようだが、結果的にそれが個性的でニッチなビールに繋がった。

現代であれば輸送や保存の技術もしっかりしているので、こういうIPAも良いのかもしれない。

 

「グランドキリン セッション IPA ギャラクシーホップ」を飲んだ感想

まず飲んでみて、フルーティー感が強い印象を受けた。
そして、抑えめとは言いながらも後味にほんのり苦みを感じる。

その辺りはしっかりとIPAだった。

 

フレーバー炭酸水のような、とことん飲みやすいビール「Innovative Brewer SKY PILS(スカイピルス)」

「Innovative Brewer SKY PILS(スカイピルス)」とは?

こちらは、新しいビールスタイルや味でビールの楽しさを広げることを目指す、「Innovative Brewer That's WOW!(ザッツワオ!)シリーズ」の第1弾商品である。

ザッツワオ!シリーズのコンセプトは、「新しい宝物を探すようなわくわく感」

 

こちらのシリーズは第3弾までの発売が予定されているが、第1弾はスカイピルス。

冒頭書いたとおり、フレーバー炭酸水を飲んでいるような飲みやすさを追求したビールになっている。

 

今後発売予定のものは下記の通り。

真ん中は第2弾の「BEERCELLO(ビアチェッロ)」で、9月頃の発売予定。
一番右は第3弾の「GOURMET BEER(グルメビア)」で12月頃発売予定となっている。

名前やパッケージからは、どんな味なのかは想像がつかない。

 

ちなみにスカイピルスを含め、数量限定での販売である。

 

「Innovative Brewer SKY PILS(スカイピルス)」を飲んだ感想

飲んだ感想としては、商品説明にもあった通りやわらかく、優しい印象を受けた。
多くのビールにありがちな苦みはそこまで感じることなく、ビールがあまり好きではない人でも美味しく飲めるんじゃないだろうか。

 

ただ、人によってはあっさりしすぎているように感じるかもしれない。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

サッポロとキリンの個性派クラフトビール3種類について、下記のことをまとめてきた。

 

・世界で認められた伝説のホップ100%「Innovative Brewer SORACHI1984」
 「Innovative Brewer SORACHI1984」とは?
 「Innovative Brewer SORACHI1984」を飲んだ感想
・希少ホップを使った「グランドキリン セッション IPA ギャラクシーホップ」
 「グランドキリン セッション IPA ギャラクシーホップ」とは?
 「グランドキリン セッション IPA ギャラクシーホップ」を飲んだ感想
・フレーバー炭酸水のような、とことん飲みやすいビール「Innovative Brewer SKY PILS(スカイピルス)」
 「Innovative Brewer SKY PILS(スカイピルス)」とは?
 「Innovative Brewer SKY PILS(スカイピルス)」を飲んだ感想

 

3種類とも甲乙つけがたいが、あえて選ぶならSORACHI1984が個人的には好みだった。
キミも、キミの中の1本を見つけてみてほしい。

-

Copyright© 男子力.jp , 2019 All Rights Reserved.