ビジネス ライフスタイル

サントリーが提案するサマーワインはワインの概念をぶっ壊す?

キミはワインに氷を入れて飲んだことはあるだろうか? この飲み方を邪道だと思うだろうか? 賛否あるかもしれないが、少なくともワインの製造・販売を手掛けるサントリーはそうは思っておらず、むしろ「邪道」だと ...

男子飯

ブラウアターフェルで新感覚の石窯料理とハードクラフトサイダーに舌鼓

新たなる日常生活へ。 コロナ禍で新店舗のオーブンや新商品の発表などに関する説明会の中止が相次いでいたが、徐々に開催されるものも出てきている。   DSRでも先日久しぶりに参加してきた。 アト ...

ライフスタイル

【虚無の酒?】-196℃ストロングゼロのセミナーで”超レモン感”を味わってきた

キミは、サントリーのストロングゼロを飲んだことがあるだろうか? 安くてアルコールが強くて、しかも美味しい。 我々庶民の強い味方である。   そんなストロングゼロがどのように作られたか、そして ...

男子飯 雑学

逃げ恥にも登場!ドラマ、映画、CMに引っ張りだこの酔の助(よのすけ)に行ってきた。

キミは酔の助という居酒屋を知っているだろうか? 東京は神田神保町にあるごく一般的な居酒屋なので、知らなかったとしても無理からぬ話だが、こと酔の助に関しては少し事情が変わってくる。 そして名前はピンと来 ...

ライフスタイル 雑学

クラフトジンの魅力や定義とは?初心者にオススメの国産、海外産商品も紹介

キミは「クラフトジン」という言葉を聞いたことはあるだろうか? 「クラフトビール」なら、最近はだいぶ耳にする機会も多くなってきた。 ただ、2017年ごろから話題になり始めたクラフトジンの勢いは2020年 ...

雑学

定番人気から新作まで。レモンサワー9種類飲み比べのまとめ

キミはレモンサワーが好きだろうか? 好きなら、どんなレモンサワーが好きだろうか? 食事をしながらお酒を飲む機会は多いと思うが、レモンサワーほど他の料理を邪魔しないお酒はないんじゃないかと。 &nbsp ...

ライフスタイル

飲める店はミシュラン星付きの店だけ?ROCOCO Tokyo WHITEが通販で購入できる!

コロナの影響も決して悪いことばかりではない。 マイナスを考え始めるとキリが無いが、探せばプラスのこともある。 ROCOCO Tokyo WHITEもその一つと言えるだろう。 通常は小売販売をしておらず ...

サッポロ「濃いめのレモンサワーの素」「男梅サワーの素」飲み方アレンジまとめ

2020年は圧倒的に家飲みの比率が増えているため、割って飲めるアルコール飲料の需要は相当高まっているようだ。 アルコールの濃さを自由に調節できるだけでなく、飲み方のアレンジを楽しめるし、買い出しの手間 ...

ライフスタイル

サントリー第三のビール対決!サントリーブルーと金麦を飲み比べてみた

ライバル関係というものは素晴らしいムーブメントを生み出す。 時代の流れというのは、1つのもので作るのは難しいと言われている。 例えば週刊少年ジャンプで有名な集英社は、かつて小学館の系列会社だった。 し ...

ライフスタイル

一番人気のクラフトジン!サントリー六ソーダと食とのマリアージュがオススメ!

今までにクラフトジンについては、いくつかの記事でまとめてきた。   今話題のクラフトジンだが、その中で一番売れているのはサントリーのROKU(ロク)だという。 そんなロクの魅力が味わえるセミ ...

ライフスタイル

【香りにこだわりすぎ】サントリー大隅の麦がバナナかはともかく良い香り

食事をする上で、香りというのは重要な意味を持つ。 普段あまり意識をすることは無いと思うが、鼻をつまんだ状態で何かを食べるとほとんど味を感じないそうだ。 それであれば当然ながら、食事でもお酒でも香りが良 ...

ライフスタイル

【そのまま濃縮】サントリーの濃縮缶で濃縮チューハイを作ってみた

キミはサントリーの濃縮缶を知っているだろうか。 私は知らなかったが、昨年麦茶の濃縮缶が発売されてかなりの反響があったそうだ。 そんな濃縮缶のラインナップがさらに拡張される。   濃縮缶自体が ...

男子飯

【太っ腹にもほどがある!】鹿児島のやきとり大政がサービスしすぎ

私自身、結構色々な飲み屋を訪れた自負があるが、まだまだ知らない素晴らしいお店はたくさんある。 鹿児島県霧島市のやきとり大政を訪れ、改めてそんなことを実感した。 地元の人はもちろん、県外の人も足繫く通う ...

© 2020 男子力.jp