スポンサードリンク

セブンイレブンで「ちょい生」ビール→即中止→提供時期未定でセブンバルとかやったら?

更新日:

セブンイレブンで気軽に生ビールが変える「ちょい<生>」というサービスが、サービス開始当日に提供中止が発表された。
しかも今後の提供時期は未定だという。

 

今回は「セブンイレブンで「ちょい生」ビール→即中止→提供時期未定でセブンバルとかやったら?」と題し、ちょい生がどんなサービスなのか、それに対する世間の反応や、筆者の思うことなどをまとめていこうと思う。

個人的には楽しみにしていたセブンイレブンの「ちょい生」とは?

 

ちなみにちょい生というのは、キリンとセブンイレブンが共同で行うはずだったサービスである。
セブンイレブンのレジ付近に専用のサーバーがおかれ、コーヒーと同じくセルフサービスで生を注ぐ。

しかも「ちょい生」の名称の通り、値段は格安。

 

Sサイズ=93円(税込100円)
Mサイズ=176円(税込190円)

というか、缶ビールよりも安かったのである。

 

そしてサービスは三連休明けの2018年7月17日にスタートする予定だったが、残念ながら当日になってサービスの中止が発表され、しかも今後の提供の予定も未定となった。

 

セブンイレブンでちょい生が提供されることへの感想や反応

ちなみにセブンイレブンでちょい生の提供が決まった直後の反応はこんな感じ。

好意的な意見はそこそこあるものの、やはり治安や飲酒運転などについての問題提起は結構あった。

 

セブンイレブンでのちょい生が中止になったことへの感想や反応

そして今回提供が中止になったことへの反応は下記の通り。

 

 

提供前はどちらかというと批判が多かったが、なんだか「残念」という反応が多いように思う。
なんだかんだ言っても、楽しみにしていた人は多かったんじゃないだろうか。

 

ちょい生への筆者の感想

ちなみにエキナカコンビニの大手であるニューデイズでは、生ビールの販売を実際に行っている
これと何が違うんだろうと思わなくはないが、中止になってしまったものは仕方ない。

酒好き、ビール好きにとってはたまらないが、そうでない人に迷惑をかける可能性は否定できない。

 

缶ビールや瓶ビールと何が違うのかという意見もあるが、缶ビールや瓶ビールは開封されていないのでいつでも飲める。
しかし生ビールはフタができないし、ビールは温度変化や振動に弱いこともあるので、すぐに飲む必要がある。

帰り道で飲むのならまだ良いだろうが、おそらくコンビニに溜まる人が増える可能性は高い。

 

しかもこれだけの低価格。
一杯で終わるかどうかはわからない。

居座られることもあるし、酔っ払ってしまったらサーバーからちゃんと注げなかったり、汚してしまったり、大騒ぎを始めたりなど、様々な問題があるだろう。

 

もちろん缶ビールや瓶ビールでもその可能性はゼロではないが、より高まることは間違いない。
そういう意味で言うと、飲むのをイートインスペースのみにするとか、工夫が必要になると思う。

ただイートインスペースについても、静かに利用したい人もいると思うので、そう考えると「セブンバル」みたいな感じで、立ち飲みスペースを作るくらいしかないかもしれない。

 

しかしそうなると店員をプラスする必要などもあると思うので、色々大変な気もする。
なかなか難しいものである。

 

まとめ

いかがだっただろうか。
セブンイレブンのちょい生注意を受けて、世間の反応や筆者の思うことなどをまとめてきた。

ともあれ個人的にはどうにかして提供スタートされることを願っている。

 

乗り越える壁は多いかもしれないが、そもそもアルコールを提供しているお店ではあるので、何かやりようはあるんじゃないかと。
個人的には「セブンバル」的なものに期待したい。

その場で揚げ鳥とビールとか楽しめたら、きっと最高だと思うから。

スポンサードリンク

-ライフスタイル, , 雑学

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.