男子力.jp

男子力.jp~男を磨いて力を高めろ!~

http://danshiryoku.jp


saketakuで極上日本酒と本格おつまみを自宅でガッツリ堪能できる!

投稿日:

この記事の所要時間: 1011

キミは日本酒が好きだろうか?
以前には日本酒の燗や冷やの種類、オススメの日本酒などをご紹介した。

【目からウロコ!】種類が豊富すぎる日本酒の燗と冷やとオススメのお酒まとめ
この記事の所要時間: 1011

この記事の所要時間: 約 8分18秒 キミは日本酒をたしなんだことはあるだろうか? 一口に日本酒と言っても、本当に様々な ...

続きを見る

 

ただ、ご紹介したのはほんの一握り。
日本酒は星の数ほどあり、酒屋はもちろん、アマゾンや楽天などの通販サイトを巡っても、なかなか自分の好みの日本酒に出逢うのは大変である。

 

しかし受け身でありながらも、素晴らしい日本酒に出会えるサービスが実は存在する。

それがsaketaku(サケタク)である。

 

今回は「saketakuで極上日本酒と本格おつまみを自宅でガッツリ堪能できる!」と題し、saketakuがどんなサービスなのか、実際にsaketakuを使ってみての感想などをまとめていこうと思う。

saketaku(サケタク)とは?

saketaku(サケタク)=日本酒の定期便

saketaku(サケタク)というのは、カンタンに言えば日本酒の定期便サービス。

プロによって厳選された入手困難な極上日本酒が、毎月2本自宅に届く。

サイト内で紹介されている通り、日本酒の銘柄はおよそ15,000もあるそうだが、私やキミが生活圏内で出会えているのはその中のわずか1%にあたる20銘柄。

 

 

つまりは、99%の日本酒には出会うことすらできていない
そんな99%との出会いの場を提供してくれるのが、saketakuというわけである。

私自身酒は好きではあるが、特定の種類というよりは全般的に好きなので、特別日本酒だけを求めて飲みに出かける機会は少ない。
日本酒目当ての時には本当にたくさんの種類を飲むが、それ以外では飲まないか、飲んでも1、2種類である。

 

そう考えると、もしかしたら20銘柄より出会えていない可能性もある。

 

saketaku(サケタク)のビジョン

saketakuのサイトをチェックしながら、個人的には下記のビジョンに非常に共感できた。

 

インターネットというツールが身近になりましたが、日本酒はまだまだ情報不足です。美味しい日本酒をつくる酒蔵は全国にたくさんあるのに、実は私たちはその1%にしかアクセスできていません。

そんな大きな機会損失を、私たちが橋渡しとなることで解決します。

ぜひ、もっとたくさんの日本酒に出会ってください。そして、地方の小さな酒蔵がつくる日本酒の存在に気づいてください。有名蔵に劣らない美味しい日本酒が、あなたに飲まれることを待っています。

自分に合った「美味しい」に、人は偶然出会うもの。こうしてインターネットを通してこのページを読んでくださっているのも、きっと何かのご縁だと思います。美味しい日本酒との出会いにご満足いただけるよう、私たちが全力でサポートさせていただきます。感動的な日本酒体験を、ぜひお楽しみください。

 

saketakuのサイトより引用

 

話は変わるが、以前競馬好きの友人に競走馬の真実を聞かされた。
「人気馬、名馬はクローズアップされてストーリーを紹介されるけど、そんなのは一握り」というのが彼の言葉。

本当に走るためだけに生まれ、育てられた競走馬は、それを全うできなくなった瞬間に存在意義を失う。

 

今までに星の数ほどいた競走馬で、スポットは当てられなくても素晴らしいストーリーを持っていたり、魅力を持っていた競走馬も数多くいると熱く語っていたが、saketakuのビジョンを見ながらそんなことを思い出した。

日の目を見ることのなかった、およそ14,980銘柄とのマッチング。

saketakuなら気軽にその体験ができる。

 

私やキミだけでなく、誰だってどうせ飲むなら美味しい日本酒が良いに決まっている。
そしてsaketakuは、プロが厳選した間違いのない日本酒を送ってくれる。

 

利き酒が本格的に楽しめるテイスティングシートで2倍楽しい

saketakuの大きな特徴とも言えるのが、テイスティングシート

 

こちらは、

・プロが作成したもの
・自分で利き酒に使うもの

の2種類が同封されている。

 

どのように使うかはキミの自由である。

プロのテイスティングを眺めながら楽しむもよし。
実際に自分でテイスティングしてみるもよし。

 

プロの意見がゼッタイだとは言わないが、少なくとも我々とは比べ物にならない経験と知識があることは間違いない。
以前、プロのコーディネーターにコーディネートをお願いした時、「安心感」の話をした。

絶対オシャレになってもらう!マイスタイルコーディネーターひゆきさんのコーディネート体験レポ
この記事の所要時間: 1011

この記事の所要時間: 約 11分27秒 以前、オシャレになるための1つの方法として、オシャレな友人にチョイスをお願いする ...

続きを見る

 

感覚は人によってそれぞれではあるが、プロの言うことであればやはり安心感があるし、キミが外で日本酒を頼む時にも役立つと思う。

さらにテイスティングシートには酒そのものもそうだが、酒に合うおつまみについても書いてある。

 

届けてくれるのは極上の日本酒だけじゃない。「本格一品おつまみ」もセット

そしてsaketakuの良いところは、日本酒だけを届けてくれるわけではないこと。
その日本酒に合うおつまみもセットになっている。

キミも酒だけをひたすら飲むことはあまりないと思うし、やはり酒と料理は切っても切り離せない。

 

日本酒そのものはもちろんだが、日本酒の魅力を最大限に引き出すためのおつまみまで用意されているのは非常に素晴らしいと思う。

 

saketaku(サケタク)の料金

そんなsaketakuの料金はこちら。

 

地味に嬉しいのが送料無料
日本酒をネット通販で購入すると、1,000円単位の送料がかかることはザラである。

しかし初回はなんと、日本酒2本とおつまみが付いてきて2,740円
下手をすると、酒一本でそのぐらいの金額になってもおかしくはない。

 

さらに年間プランならもっとお得。
1ヶ月分が実質無料になる。

 

saketakuを試してみる

 

実際にsaketakuのサービスを体験してみた

そんなこんなで、とりあえずsaketakuを試してみた。

 

クール便で届いたsaketakuの日本酒たち

saketakuで届く荷物はこんな感じ。

 

クール便で届けられるところから、すでにこだわりを感じる。

 

意外とテキトーにされがちだが、日本酒は実は温度管理が大切。
ワインなどと一緒である。

 

saketakuの封入物1:日本酒情報誌「Days」などの冊子やチラシ

 

こちらは通常不定期に1冊封入される。
今回は特別に、今までのものをまとめていくつか送っていただいた。

中には日本酒についてのディープな情報が満載である。

 

その他にはこんなガイドブックも入っている。

 

あとは、saketakuのステッカーも。

 

saketakuの封入物2:テイスティングシート

 

すでにお伝えしたが、もちろんテイスティングシートも入ってくる。
プロが記入したものと、自分で記入できるものが数枚。

 

saketakuの封入物3:味わい拓く 利き猪口グラス

 

こちらは2回め以降の継続特典として送られるが、今回は特別に送っていただいた。

グラスの特徴は箱に書かれている。

 

そしてグラスを取り出すと、箱の底には日本酒のグラスによくある蛇の目模様の秘密について書かれている。

 

箱から出すとこんな感じ。

 

普通のお猪口と比べるとかなり大きい。

 

たくさん入るので、飲み過ぎには注意である。

 

saketakuの封入物4:日本酒 NOTO(能登) 2017 純米大吟醸無濾過生原酒

 

まずは1本目のNOTO
NOTOとは能登。石川県の能登である。

地域に根ざした日本酒は、他に3種類あるらしい。

 

フレッシュな純米大吟醸で、香りは強め。
メロンや金木犀のような果実と、乳製品の香りと表現されている。

確かに香りも味わいも豊か。
後味にも香りが長く、しっかりと残る。

 

こちらにはイカの天ぷらや、乳製品であるチキンのクリーム煮などが合うそうだ。

 

saketakuの封入物5:日本酒 中乗さん純米

 

なにはともあれ、名前が良い。
なかなか忘れないだろう。

全体的に落ち着いた穏やかな香りで、炊いたご飯の香りとクリームチーズ、ミネラル香が特徴とある。

 

こちらには豆乳鍋やかまぼこなど、優しい味わいの料理が合うそうだ。
実際に飲んでみると、口当たりがやわらかで甘く感じた。

そして後口スッキリで、アルコール度数もNOTOに比べると低いので飲みやすい。

 

個人的に言えば、どちらかと言えば中乗さん純米のほうが好きである。

 

saketakuの封入物6:おつまみ ゆず鯖

 

ゆずの鯖というのはなかなか珍しいように思う。
鯖といえば味噌煮のイメージが強いので。

そして「ひと手間で、おいしい本格おつまみに。」とあったので、実際に容器に移して温めてみた。

 

正直添え物などもなくそのまま移しただけなので、なんというか、鯖である。

しかし、食べてみるとビックリ。
私は魚の缶詰を食べる機会が結構あるが、今まで安いものばかりを食べていたんだと思い知らされた。

 

身は柔らかでふっくらしており、ゆずの香りが何とも上品にたちのぼり、鯖の生臭さやしつこさを中和してくれている。
でもご飯ではなく、やはり日本酒に合うように思う。

 

saketakuの封入物7:おつまみ がんもと里芋の煮物

 

缶詰にもやはりこだわりを感じる。
缶切りは不要で、普通の缶詰のようにアルミのフタでもなく、シールになっていた。

 

本当に楽にはがせるし、後始末も楽でありがたい。

こちらも同じく容器に移して温めてみた。

 

素朴だけとジューシーで、何とも安心できる優しい味わいだった。
もちろん、日本酒との相性は言うことはない。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

 

・saketakuのサービス
・saketakuのビジョン
・テイスティングシート
・送られてくるもの
・料金
・体験してみての感想

などをまとめてきた。

 

ちなみに初月半額は今だけのキャンペーンで、いつまで続くかはわからない。
気になったなら早目に申し込むことをオススメする。

個人的には非常にコスパが高いと思うし、毎月届く日本酒、そしておつまみが楽しみになっている。

 

スマホなどのように契約期間の縛りはなく、気軽にスキップや解約も可能なので、まずは一度試してみてはいかがだろうか。

 

saketakuを試してみる

-男子飯, , 雑学

Copyright© 男子力.jp , 2018 All Rights Reserved.