男子力.jp

男子力.jp~男を磨いて力を高めろ!~

http://danshiryoku.jp


涙腺崩壊、胸キュン必至!絶対聴くべきオススメの卒業ソング20選

更新日:

この記事の所要時間: 753

別れと出会いの季節。
いくつになっても卒業は思い出に残っているものだし、心に残っている卒業ソングはキミにも必ずあるはず。

 

前を見て進むのは重要だが、そればっかりでは疲れてしまうので、たまには振り返って思い出にひたるのも良いと思う。
今回は「涙腺崩壊、胸キュン必至!絶対聴くべきオススメの卒業ソング20選」と題し、年代やジャンルにとらわれない、幅広い卒業ソングをまとめていく。

 

もし聴いたことがないのであれば、一度は聴いてみることをオススメする。

DSR的!オススメ卒業ソング

ここではDSR、というか私がオススメする卒業ソングをご紹介する。
有名無名は関係無く、ジャンルも様々だ。

 

Sweet Vacation/さよならマイデイズ

この曲は、はるか昔にカウントダウンTVで聴いて知り、私はハマった。
ボーカルは日本人ではなく、少し発音が甘い感じがまたそそる。そして、英語の妙な発音の良さも。

Perfumeっぽいピコピコ感と、少しレトロな感じのメロディーが個人的にどストライクだったが、悲しくなるほど売れなかったし、全然知ってる人もいなかった。

ぜひとも再評価されてほしい1曲だ。

 

 

nobodyknows+/ポロン2

名古屋を拠点に活躍するヒップホップグループ、nobodyknows+(ノーバディノウズ)。
これはポロン2と書いて、「ポロンツー」ではなく「ポロンポロン」と読む。

 

有線放送でたまたま聴いて彼らの存在を知り、私はこのCDを購入した。
切ない歌詞と、なんとも印象に残るメロディーがたまらない。

一番有名なのは「ココロオドル」という歌だが、これもぜひ聴いてほしい。

Poron Poron - ポロン 投稿者 utadalove

 

AKB48/10年桜

AKBにまったく興味はなかったが、この歌だけは好きだった。
サビのメロディーと、漢字の「十」を模した振り付けが好きだ。

衣装も可愛くて、おっさんながら萌えてしまう。

AKBのことは嫌いでも、10年桜のことは嫌いにならないでください!

 

おニャン子クラブ/じゃあね

AKBの先輩にあたるおニャン子クラブが発売したこのシングル。
卒業ソングだが、軽快なメロディーとカジュアルな歌詞で、明るく歌っている。

ただ、下の動画はファイナルコンサートの、おそらく最後なんだろうか。
感極まる姿が涙を誘う。

 

放課後ティータイム(けいおん!)/天使にふれたよ!

アニメながらも数々の名曲を残し、記録的なセールスを達成したけいおん!。
最終回で1人卒業しないあずさに贈ったのが、この歌だった。

キミが観ていなければ「なんのこっちゃ」だとは思うが。。。
ともあれいい歌なので聴いてみてほしい。

 

鉄板!人気のオススメ卒業ソング

ここでは、誰もが知っている人気の卒業ソングをご紹介していく。

 

いきものがかり/ありがとう

放牧宣言をして、活動休止中のいきものがかり。
素晴らしい歌は数あれど、ありがとうは屈指の名曲だと思う。

ストレートな歌詞と、ボーカルの声が心に響いてくる。

 

嵐/サクラ咲ケ

SMAPに変わってジャニーズを担っていく嵐。
卒業ソングの大定番とも言えるのが、この「サクラ咲ケ」だ。

卒業の悲しさや辛さに負けそうな時、吹き飛ばす勇気を与えてくれる。

 

レミオロメン/3月9日

卒業ソングの定番になりつつあるが、実はこの歌、メンバーの共通の友人の結婚式のために作られた。
その友人の結婚式が3月9日だったから、タイトルもそのままというわけだ。

私は「3月9日に記念日が無いから」という理由で作られたと聞いたことがあったが、どうやら都市伝説だったみたいだな。

 

EXILE/道

卒業をテーマにしたバラード曲で、EXILEにとっては初めての卒業ソング。
まだ入ったばかりだったTAKAHIROさんは、これをきっかけに認められたなんて話も聞いたことがある。

今は三代目におされ気味に見えるが、EXILEもまだまだ健在だ。

 

コブクロ/桜

数々の名曲を提供しているコブクロ。
個人的にはこの歌が一番好きで、桜の季節には必ず聴きたくなる。

 

アンジェラ・アキ/『手紙~拝啓 十五の君へ~』

ロングヒットを記録した、アンジェラ・アキの代表曲。
全国合唱コンクール、中学校の部の課題曲として書き下ろされたこの曲。

中学生が歌うにはピッタリの歌詞だとは思うが、合唱はなかなか難しそうだと思うのは私だけだろうか。
ともあれ、いい歌であることは間違いない。

 

森山直太朗/さくら(独唱)

森山直太朗の名を知らしめたこの歌。
シンプルな楽曲とプロモが逆に目を引く。

 

SMAP/オレンジ

らいおんハートのカップリングにも関わらず、隠れた名曲と言われて愛され続けるこの歌。
恋愛ソングなんだろうが、卒業の時期にもよく聴き、歌われる。

らいおんハートとは真逆の切ない歌詞は、きっとキミの心にも響くはずだ。

 

SPEED/MY GRADUATION

タイトルに「卒業」が入ったこの歌。
ただ、SPEEDの中ではそこまで有名ではない気がする。

でも卒業の時期に歌われる機会は多いみたいだな。

 

王道のオススメ卒業ソング

最後はもはや王道と呼べる卒業ソングをご紹介していく。

 

海援隊/贈る言葉

何年も歌い継がれているこの名曲。
私はついつい金八先生を思い出してしまう。

色んな人にカバーされているが、やはり武田鉄矢さんの声が味があって好きだ。

 

尾崎豊/卒業

「夜の校舎窓ガラス壊して回った」は、あまりに有名なフレーズ。
カリスマ的な人気を誇った尾崎豊さんと象徴するようなこの歌。

こんな時代もあったんだな。

 

合唱曲/旅立ちの日に

なんとこれは中学校の教員によって作られた合唱曲だが、今や卒業ソングの大定番になっている。
荒れていた中学校をどうにかしたいと思って校長は合唱の機会を増やし、徐々に学校を立ち直らせていった。

そして取り組みが実を結び始めた3年目、集大成として「旅立ちの日に」が作られ、3年生を送る会で教職員からのサプライズとして披露された。

 

本当はその一回きりのはずが翌年からは学校で歌われるようになり、それは次第に周りの学校にも広まって、定番になったそうだ。

 

H2O/想い出がいっぱい

TVアニメ「みゆき」のテーマソングだった聞いても、今となってはピンとくる人のほうが少ないだろう。
歌詞を考えてもそんなに卒業ソングという印象はないが、なぜか卒業ソングや合唱曲としてよく歌われている。

ただもちろん、いい歌であることは間違いない。
「おとなの階段上る」はすごく記憶に残る歌詞だと個人的には思う。

 

荒井由実(松任谷由実)/卒業写真

特に比較的年配の人は、卒業ソングといえばこれを思い出す人が多い。
今なお一線で活躍する松任谷由実。

切ないメロディーだが、元気と活力をもらえる。

 

合唱曲/仰げば尊し

最後は本当に定番と言える、仰げば尊し。
卒業式に歌う学校も少なくはないはず。

学生の頃はそこまで思わなかったが、あらためて聴くと本当に心に響く。
何と言っても、歌詞が秀逸だ。

 

ぜひ、歌詞を噛み締めながら聴いてみてほしい。

 

まとめ

いかがだっただろうか?

 

オススメ卒業ソングとして、

1:Sweet Vacation/さよならマイデイズ
2:nobodyknows+/ポロン2
3:AKB48/10年桜
4:おニャン子クラブ/じゃあね
5:放課後ティータイム(けいおん!)/天使にふれたよ!
6:いきものがかり/ありがとう
7:嵐/サクラ咲ケ
8:レミオロメン/3月9日
9:EXILE/道
10:コブクロ/桜
11:アンジェラ・アキ/『手紙~拝啓 十五の君へ~』
12:森山直太朗/さくら(独唱)
13:SMAP/オレンジ
14:SPEED/MY GRADUATION
15:海援隊/贈る言葉
16:尾崎豊/卒業
17:合唱曲/旅立ちの日に
18:H2O/想い出がいっぱい
19:荒井由実(松任谷由実)/卒業写真
20:合唱曲/仰げば尊し

という20曲をご紹介した。

 

ランキング付けなんかはできないが、ぜひともキミの中での一番は見つけてみてほしい。

-雑学
-, ,

Copyright© 男子力.jp , 2017 All Rights Reserved.