男子力.jp

男子力.jp~男を磨いて力を高めろ!~

http://danshiryoku.jp


【色々と残酷すぎる結末】はじめの一歩にまさかの打ち切りのウワサ

更新日:

この記事の所要時間: 747

キミは「はじめの一歩」を知っているだろうか?
マガジンで長期に渡って連載されているボクシングマンガである。

アニメ化もされ、2017年10月時点でコミックスはなんと119巻も発売。
9,400万部を売り上げている。

 

そんなはじめの一歩だが、マガジンでの作者コメントが話題になっている。

 

今回は、「【色々と残酷すぎる結末】はじめの一歩にまさかの打ち切りのウワサ」と題し、はじめの一歩にまつわる打ち切りのウワサについてまとめていこうと思う。

はじめの一歩とは?

まずははじめの一歩というマンガについて。
1989年から週刊少年マガジンで連載されている、ボクシングマンガである。

主人公である幕之内一歩は、釣り船屋を親子で切り盛りしていた。
いじめられっ子だったが、ひょんなことからプロボクサーの鷹村守と出会い、ボクシングを始めることになる。

 

主人公一歩のボクサーとして、そして人間としての成長が、物語では丁寧に描かれている。
登場人物には実在選手の姿が投影されており、作者である森川ジョージさん自身も実際にボクシングジムのオーナーなんだそうだ。

一歩の魅力は何と言っても、ド迫力の試合のシーンだと個人的に思っている。

 

本当に細かい線で描かれており、週刊マンガのクオリティとは思えない。
それを30年近く続けてきた森川ジョージさんはスゴいと思う。

 

はじめの一歩打ち切りのウワサの発端

はじめの一歩「打ち切り」のウワサが出たのは、こちらの回が影響しているようである。

 

一歩のボクシングスタイルは、パンチを打たれても打たれても粘り強く立ち上がり、最後に勝利するというもの。
物語でもパンチドランカーを示唆するような表現はあったが、一歩自身がそれを認めるような描写は無かった。

しかしこの回ではパンチドランカーの自覚があったことを、一歩自ら初めて告白している。
パンチドランカーというのは、要はパンチの食らいすぎによって起こる脳の障害のこと。

 

一度発症すると完治は難しいようで、ボクサーの20%はパンチドランカーだと言われている。

 

はじめの一歩打ち切りを裏付けるいくつかの理由

はじめの一歩の打ち切りに関しては、いくつかその理由となるものが考えられる。

 

はじめの一歩打ち切りを裏付ける理由1:週刊少年マガジンの最終回ラッシュ

1つ目は、週刊少年マガジンで長期連載している作品が徐々に最終回を迎えている。
最近のマガジンは最終回ラッシュであり、長期連載で言えば少し前に看板マンガだった「FAIRY TAILフェアリーテイル」が終了した。

 

他にはテニス漫画の「ベイビーステップ」も完結した。

 

個人的にベイビーステップはずっと読んでいたので、この終了の仕方には驚きを禁じ得ない。

 

はじめの一歩打ち切りを裏付ける理由2:作者の森川ジョージさんは、電子書籍化に関することで編集部ともめている

もう1つは、作者の森川ジョージさんは以前にはじめの一歩の電子書籍化で編集部ともめたそうである。

 

ネットの情報なのでどこまで本当かはわからないが、ありえない話ではないように思う。
改めて載せると、森川ジョージさんのコメントは下記の通り。

 

やり返す
イコウフジカワ
覚えとけ

 

ちなみに、マガジンには実際に伊香さんと藤川さんという人がいるそうだ。

 

はじめの一歩打ち切りを裏付ける理由3:長期連載による”引き伸ばし”は批判されていた

あとは単純に連載が長くなっていることによる中だるみや、引き伸ばしは結構前から指摘されてはいた。

 

ライバルである宮田とはいつまで経っても戦わないし、一歩自身も世界チャンピオンにはまだまだ届かず、今も大して目立たない選手と対戦をしている。

しかもそんな相手に負けそうで、パンチドランカーも告白して。。。
このまま終わると、ファンとしては何とも納得いかない感じになるのは間違いないだろう。

 

今回の騒動を受けてのツイッターでの反応

そして今回の騒動を受けての反応はこんな感じである。

当然と言うかなんと言うか、批判的なコメントが並んでいる。
作者はもちろん、編集部にも。

個人的にも、一歩がパンチドランカーというバッドエンドは見たくない。

 

まとめ

いかがだっただろうか。

はじめの一歩の打ち切りのウワサや、その理由などについてまとめてみた。
一応はじめの一歩の担当者は、今後も続くことをつぶやいてはいる。

 

現時点で公式には何も発表はなく、打ち切りや最終回の真相はわからない。
でも、作者の森川ジョージ先生はかなり気持ちが切れているように見えるし、このまま連載を続けることができるのか疑問ではある。

ただ、続くのもそれはそれでどうなのかと思わなくはない。
誰もが納得する結末は難しいものだと、今回改めて考えさせられた。

 

ともあれ動向を見守りたい。

-ビジネス, 雑学

Copyright© 男子力.jp , 2017 All Rights Reserved.