男子力.jp

男子力.jp~男を磨いて力を高めろ!~

http://danshiryoku.jp


有野課長が輝きすぎた!ゲームセンターCXの伝説回TOP10

更新日:

この記事の所要時間: 829

キミはゲームセンターCXという番組を知っているだろうか?
芸人であるよゐこ有野晋哉さんが、レトロゲームのエンディングを目指して奮闘する、CSのテレビ番組だ。

 

キミだけでなく、知らない人の大抵の感想は、
「そんなの面白いの?」
というもの。

実際私もそう思っていた。

 

しかしこの番組は、なんとも中毒性がある。
そういう人は意外と多いようで、CSの有料プログラムであるにも関わらず、2003年にスタートしたこの番組は、2017年現在も人気を維持しながら続いている。

今回は「有野課長が輝きすぎた!ゲームセンターCXの伝説回TOP10」と題し、個人的に伝説回だと思ったゲームセンターCXのタイトルをご紹介していく。

「たけしの挑戦状」への「挑戦」がすべての始まり

ゲームセンターCXで現在メインとなっているのは、「有野の挑戦」
これは冒頭ご紹介したとおり、有野さんがレトロゲームのエンディングを目指してひたすら奮闘するコーナーだ。

レトロゲームのジャンルは実に様々で、ファミコンはもちろんのこと、ゲームボーイやPCエンジン、メガドライブやアーケードゲームなどなど。
そして2015年からは初代プレイステーションや、セガサターンなどの次世代機が解禁になった。

 

「レトロゲーム?」と思ってしまうが、プレイステーションもサターンも発売は1994年なので20年以上前。
私も年をとるわけだ・・・。

それはさておきこの有野の挑戦。そもそもは第1回放送で、伝説のクソゲーと呼ばれた「たけしの挑戦状」に有野さんが挑戦したことからすべては始まった。

 

当初はゲームクリエイターへのインタビューがメインだったが、有野さんの挑戦が思いの外ウケ、第2シーズンからは「有野の挑戦」がメインになり、それが今も続いている。

 

有野晋哉ではなく、有野課長

ゲームセンターCXでは、芸人のよゐこ有野晋哉さんではなく、ゲームセンターCX興業の有野課長という設定になっている。
番組開始当初は主任だったが、功績が認められて課長代理になり、課長に昇進した。

 

課長への昇進は結構早い段階だが、「課長」というフレーズがハマりすぎたせいか、活躍はしているもののその後まったく昇進はなく、万年課長に落ち着いている。

相方は「エグゼクティブ・ディレクター」なんていう大層な役職をもらっているのに、なんとも不憫な感じだ。

 

ゲームセンターDX 「ポケットモンスター サン・ムーン」 Vol.1

 

ただ私はやはり、有野課長が大好きだ。
どれだけキツくても、長い時間になっても続ける根性。
何とも言えない、ねっとりしたぬるいボケやツッコミ。
そして、時折起こす奇跡

 

有野課長でしかゲームセンターCXという番組はあり得なかったし、他の芸人にはマネができないと思う。
そしてゲームセンターCXは、ゲーム実況チャンネルのはしりとも言えるだろう。

 

実際、ゲーム実況で有名な人との共演もあった。

 

スーパーマリオ30周年SPステージ ゲームセンターCX in ニコニコ超会議2015

 

年を重ねて、今はメガネをかけてプレーしてはいるが、個人的にはできる限り続けて欲しいと願っている。

 

ゲームセンターCXの伝説回ランキングTOP10

そんなゲームセンターCXの中で、個人的に伝説回だと思うものを、独断と偏見でランク付けしていこうと思う。
知らないゲームも多々あると思うが、食わず嫌いにならずに見てみて欲しい。

 

ゲームセンターCXの伝説回:第10位 子育てクイズマイエンジェル


個人的にこのゲームに大ハマリした経験があり、思い入れもあって選んだ。
アーケードゲームとして人気を博した後に、プレイステーションに移植されたクイズゲーム。

クイズに答えながら選択肢を選び、子供を育てていくという異色作。
ゲームセンターCXスタッフと有野課長の団結力が伺える。

 

そして、課長の子育て論にも注目だ。

 

 

ゲームセンターCXの伝説回:第9位 最後の忍道


これも個人的な話だが、近くの駄菓子屋にこのゲームがあり、アホみたいに何度もやっていた。
しかし、クリアした記憶はない。。。

 

アーケードからPCエンジンに移植された作品だが、これもメジャーとは言い難いな。
ただこの回を選んだのは、個人的な理由だけではない。

詳しくは動画をチェックして欲しい。

 

 

ゲームセンターCXの伝説回:第8位 かまいたちの夜


サウンドノベルというジャンルを確立した、チュンソフトの名作だ。
私は中学の頃にこれをやって、トラウマになりかけた。

中途半端で終わらせられずに全てのエンディングをチェックして、ピンクのしおりまで出したのも、今となっては懐かしい思い出だ。
キミがやったことがあるならもちろん、そうでなくても課長の名推理にニヤニヤすることは受け合いだ。

 

 

ゲームセンターCXの伝説回:第7位 ときめきメモリアル


社会現象にもなったときめきメモリアル。
私もご多分に漏れず、ハマった。

有野課長の結婚記念として企画されたこの回。
メインヒロインである、藤崎詩織の攻略を目指す。

 

 

ゲームセンターCXの伝説回:第6位 コナミワイワイワールド


コナミの名物キャラが総出演したこのゲーム。
ワクワクはしたが、難易度はかなり高かった。

子供の頃はクリアできなかったが、私は放送を見て再度挑戦し、見事クリアできた。。。というのは余談だな。
一人であっても、ワイワイガヤガヤしながら見てほしい。

 

 

ゲームセンターCXの伝説回:第5位 風来のシレン


サウンドノベル以外の、チュンソフトの名物ソフトとも言える風来のシレン。
毎回ダンジョンの構造が変わるという斬新さが話題を呼び、中毒者を増やした。

この放送では、課長の伝説の「がっかりプレイ」が見られる。
前後編ではあるが、とくとご覧あれ。

 

前編

 

後編

 

ゲームセンターCXの伝説回:第4位 キャプテン翼


おそらく誰もが一度はやったことがあるはず。
日本サッカーの発展に大きく寄与しただけでなく、デル・ピエーロやメッシなど、海外の有名選手もハマったというキャプテン翼。

 

そのゲーム内容は、サッカーにも関わらずコマンド式のシミュレーションという非常に画期的なシステムだったが、多くの人の記憶に残った。
私もそれにハマった一人ではある。

 

前編

 

後編

 

ゲームセンターCXの伝説回:第3位 ビックリマンワールド


キミもシールを集めた経験はあるだろうが、おそらくゲームはやっていないんじゃないだろうか。
それもそのはず、この「ビックリマンワールド」はPCエンジンで発売された。

かといって決してテキトーなゲームではなく、「ワンダーボーイ モンスターランド」というアーケードゲームが基になっているので、ゲームとしての完成度も高い。

 

この回は、有野課長の優しさが心に染み渡る。
そして、最後には・・・。

 

 

ゲームセンターCXの伝説回:第2位 スーパーマリオワールド


おそらくこれは、キミもプレーしたことがあるんじゃないだろうか。
任天堂の、スーパーファミコン第一弾となった大ヒットゲームだ。

ファミコンとはまったく違うグラフィックや動きに感動したことをよく覚えている。
しかし、エンディングを見たかというと少し曖昧だ。

前後編なので長いが、「あるある」と思い出しながら見てみて欲しい。

 

前編

 

後編

 

ゲームセンターCXの伝説回:第1位 プリンス・オブ・ペルシャ


私がゲームセンターCXにハマるきっかけになったのは、この回だった。
プリンス・オブ・ペルシャというゲームをやったことはないし、これを見てやる勇気もない。

操作性や謎解きの難しさだけじゃなく、時間制限もあるので、相当難易度は高いんじゃないかと。
実際有野課長も相当苦労しており、おそらく挑戦の時間としては最長。

 

でも、笑って茶化しながらも「どうしてもエンディングが見たい」という強い思いを主張したことと、そのひたむきさに胸打たれた。
色々書きたいがネタバレになるので、詳しくは動画をチェックして欲しい。

前後編だが、絶対に見る価値はある。

 

前編

 

後編

 

まとめ

いかがだっただろうか?

「ゲームセンターCXの伝説回TOP10」として、下記のランキングをご紹介した。

 

第10位 子育てクイズマイエンジェル
第9位 最後の忍道
第8位 かまいたちの夜
第7位 ときめきメモリアル
第6位 コナミワイワイワールド
第5位 風来のシレン
第4位 キャプテン翼
第3位 ビックリマンワールド
第2位 スーパーマリオワールド
第1位 プリンス・オブ・ペルシャ

 

興味があるなら、1つでも見て欲しい。

-雑学
-, , ,

Copyright© 男子力.jp , 2017 All Rights Reserved.