男子力.jp

男子力.jp~男を磨いて力を高めろ!~

http://danshiryoku.jp


ぼっち男子のクリスマスはこう過ごせ!オススメのクリぼっち2017

投稿日:

この記事の所要時間: 721

キミは2017年のクリスマスは、予定はあるだろうか?

仕事?
それならまだマシかもしれない。

 

予定も何もないクリスマスは、慣れていても毎年色々思うことがある。
2016年が連休だったことを考えれば今年はマシだが、それでもイブ当日は日曜日だ。

 

でも、案ずるべからず。
今回は「ぼっち男子のクリスマスはこう過ごせ!オススメのクリぼっち2017」と題して、クリぼっちを満喫する方法についてまとめていこうと思う。

これを読めばキミが私みたいなぼっちでも、快適なクリスマスを過ごせること受け合いである。

まず、ヘタな希望を持たない

前提の話だが、少なくとも18日ぐらいになったら、もうヘタな希望を持たないように。
そこから捕まる相手なんかたかが知れているし、クリスマスに外食しようと思ったら結構な出費になる上、街もうんざりするぐらいに混んでいる。

 

当日なんかはもってのほか。相手も自暴自棄になっているか、たまたまスケジュールが空いただけで、投げやりの可能性が高い。

第一そんな感じで当日はどうにかなったとしても、後日微妙になるのは目に見えている。

 

通常希望を捨てないことは非常に大切だが、クリスマスばかりは仕方ない。
あきらめて、そのパワーは来年のためにとっておこう。

そして今年は、どうやって一人のクリスマスを楽しく過ごすかに全神経を集中すべきである。

そこがブレると、楽しめるものも楽しめなくなってしまう。

 

クリスマスにシングルで一人ぼっち=クリぼっち

さて、ここからがいよいよ本題。
「オススメのクリぼっち2017」ということで、一人でも存分に満喫できる方法を書いていく。

「クリぼっち」というのは見出しにある通り、クリスマスにシングルで一人ぼっちということである。
これは一応男子だけじゃなく、女子も当てはまる。

 

ただ、わびしさのレベルでいけば男子のほうがダントツかもしれない。

 

オススメのクリぼっちの過ごし方2017、1:ひたすらこもる

まずは大定番。
外界との接触を完全に断ってこもるもよし、ネットゲームとかでこもりながらも誰かとつながるもよし。

キミの自由自在である。

 

マンガを大人買いしてひたすら読んだり、ゲームやDVDなんかをガッツリ観てもいいだろう。
なかなか機会がないとそんなこともしないだろうから、チャンスだと思って没頭するのもいいかもしれない。

 

酒やつまみを買い込んで、しこたま家飲みもアリだと思う。

あとはエロ本やエロ動画で、別の”せいなる夜”を楽しんでもいいんじゃないだろうか。
この際だから、記録に挑戦してみるといいだろう。

 

オススメのクリぼっちの過ごし方2017、2:敢えて外に出て、カップルをせせら笑う

敢えて外に出るから、これは少しレベルの高い楽しみ方かもしれない。
カップルだって皆が皆幸せそうとも限らないし、見ていてうらやましく感じるカップルばかりでもない。

それにクリスマスはどこも混んでいるから、女子が不機嫌になったり、なんとなくケンカっぽいカップルも見られるかもしれない。

 

そういうカップルを見られれば「1人で良かった」と、少なくとも今年は割り切れるんじゃないだろうか。
混雑している場所に敢えて入っていかなくていいし、彼女や嫁のご機嫌とりをする必要もない。

1人は寂しいけれども、自由。
相手ができたら、なかなかそうはいかないからな。特にイベントなら尚更である。

 

オススメのクリぼっちの過ごし方2017、3:カップルご入店お断りの店に行く

東京都八王子に「スパゲッティPiaPia」という店があるんだが、ここは2015年に「12月24日はカップルの入店を断る貼り紙」を出したことで話題になった。

おたくま経済新聞より引用

 

そしてこの店は2016年も同じく12月24日にカップルの入店をお断りするしたので、おそらく2017年もやることが予想される。
12月24日にオープンしているお店の中で、これほど堂々とぼっちで入店できる店はほかにない。

きっと仲間に巡り会えるだろうし、料理も美味しいだけでなく、男子に嬉しいボリューム感だという。

 

長時間はいられないかもしれないが、楽しい時間を過ごせるであろうこと受け合いである。

一応お店のURLと地図も載せておこうと思う。

 

スパゲッティ PiaPia

 

オススメのクリぼっちの過ごし方2017、4:銭湯で疲れを取りまくる

クリスマス、オシャレなスパは軒並みカップルで溢れかえっているが、そんな中で銭湯は穴場。
スーパー銭湯もいいかもしれないが、規模が大きいとカップルに大量に遭遇する可能性がある。

ただ、仮に遭遇したとしても風呂は男子だけなので、風呂を満喫している時にムダにやきもきすることはない。

 

疲れをたっぷり取り除いた後、迅速に帰宅すればカップルの影響も最小限で済むだろう。

本当は風呂上がりにコーヒー牛乳や、ビールをグイッといきたいところではあるが、それはカップルがいないことを確認した上でやるか、帰る途中で実行しよう。

 

オススメのクリぼっちの過ごし方2017、5:休日出勤をしてみる

家にいたり、やることがなかったりするとぼっち気分はどんどん増幅される。
それなら割り切って休日出勤したほうがいいだろう。

仕事は色々なことを忘れさせてくれるし、集中しないとミスが発生して、クリスマス以外のところで大変な損害になりかねない。

 

何かに集中したり、仕事に没頭すれば時間が経つのが早いし、休日は人がいないので仕事がはかどる上に、場合によっては休日出勤の手当までももらえる。

一石二鳥どころの騒ぎじゃない。

家にこもるのが苦手だったり、やることがイマイチ見つからないのならぜひともオススメする。

 

オススメのクリぼっちの過ごし方2017、6:男ばっかりで集まって騒ぎまくる

もう、女子のことは完全に忘れて、いっそのこと男子ばかりで集まってしまおう。
それが気の置けない友人なら、いうことはないな。

できれば外で集まって飲むのではなく、家飲みがベターだ。

 

人がいることで寂しさは多少軽減されてはいるが、女子がいない寂しさは変わらない。
というかこの中に中途半端に女子を入れないように。色々と面倒くさいことが待っているので。

あとは外での飲みだと変なノリで他の客に絡んだり、いきなりナンパをし出したりという可能性もあるので、やっぱり家飲みだな。

 

ただ会場がキミの家になった場合、家のものを壊されたり、ご近所に迷惑をかけたりしないように注意しよう。
まあ、注意してどうなるかはわからないが。

 

オススメのクリぼっちの過ごし方2017、7:知らない場所に旅に出てみる

最後は旅。
普段行ったことがなかったり、行こうとなかなか考えなかった場所に敢えて行ってみるのがいいかもしれない。

 

ある程度都市部から離れていれば、クリスマス気分を過剰に感じない可能性もある。
そして別に県外でなくとも、少し家からは離れていてなかなか行く機会がなかった場所に行ってもいい。

 

ただし、ある程度の出費は覚悟しておこう。
クリスマス付近が土日だから、交通費や宿泊費はかなりの額になるだろう。

もし車を持っているなら、車で行ったほうがいいかもしれない。
あとはもちろん宿が空いてない可能性もあるから、必ず事前にチェックはしておこう。

 

まとめ

いかがだっただろうか?

 

オススメのクリぼっちの過ごし方として、

1:ひたすらこもる
2:敢えて外に出て、カップルをせせら笑う
3:カップルご入店お断りの店に行く
4:銭湯で疲れを取りまくる
5:休日出勤をしてみる
6:男ばっかりで集まって騒ぎまくる
7:知らない場所に旅に出てみる

という7つをご紹介した。

 

これでとりあえず、2017年は乗り切れると思う。

そして来年は、早いうちからぼっちにならない対策を打つことをオススメする。

-恋と愛, 雑学
-, , ,

Copyright© 男子力.jp , 2017 All Rights Reserved.